Posts Tagged zsh

Macにzsh-develを入れる。

忘れちゃったのでメモ。
MacPortsが入っていること前提。
入れ方わかんない人は古い記事まで。

Variantsはこんな感じ。

McLaren:~ yuxx$ port variants zsh-devel
zsh-devel has the variants:
doc: Install extra documentation
examples: Install configuration examples
mp_completion: Install port(1) completion file
pcre: Add regular expressions support in builtin functions through PCRE
universal: Build for multiple architectures

早速インストール。

McLaren:~ yuxx$ sudo port install zsh-devel  +mp_completion +pcre

で、終了時に

If you want MacPorts' zsh as login shell, you should run:
% sudo sh -c "echo '/opt/local/bin/zsh' >> /etc/shells"
% chsh -s /opt/local/bin/zsh
--->  Cleaning zsh-devel

なんて出なかったら

McLaren:~ yuxx$ sudo port uninstall zsh
--->  Deactivating zsh @4.2.7_0+dp_completion+mp_completion
--->  Cleaning zsh
--->  Uninstalling zsh @4.2.7_0+dp_completion+mp_completion
--->  Cleaning zsh

でアンインストール。

で、続き。
さっきの指示通りにする。

McLaren:~ yuxx$ sudo sh -c "echo '/opt/local/bin/zsh' >> /etc/shells"
Password:
McLaren:~ yuxx$ chsh -s /opt/local/bin/zsh
Changing shell for yuxx.
Password for yuxx:

こんな感じ。
うまく行かない場合は /opt/local/bin へのPATHをもう一度通し直すと良かったりする可能性もある。

zsh最強シェル入門

著者/訳者:中島 能和

出版社:翔泳社( 2008-12-04 )

定価:¥ 2,592

Amazon価格:¥ 2,592

単行本(ソフトカバー) ( 272 ページ )

ISBN-10 : 479811815X

ISBN-13 : 9784798118154


Post to Twitter

, , ,

No Comments

MacOSXでのJava文字化け解消とか

移り気な俺はJavaにも興味津々。
と言うわけで、いまさらJavaの端っこをかじることに。
で、Macには標準で入っている。

と言うか、Javaのバージョンアップがあったからちょいとやってみようかと思ったんだけれども。
あと、ちょっとした縁で本を借りたので、内容はWindows用っぽいけどやっぱり無理矢理チャレンジすることにw

で、最初につまずいたのがJava自身の文字化け。
どうやらShift JISをベースに出してくれるらしく、ちょっと面倒なことに。
Javaのバージョンが知りたくて

javac --version

を打ったんだけど、

McLaren% javac --version
javac: --version �͖���ȃt���O�ł��B
�g����: javac <options> <source files>
�g�p�”\�ȃI�v�V�����̃��X�g�ɂ‚��ẮA-help ��g�p���܂�

こんな感じに。

恐らくこのままだとエラーメッセージまでこれw
せめて英語でエラーを受けたいところ。
(文字化けと比較すれば、英語ならまだ読めるw)

で、いろいろ探したところ、シェルの設定ファイルに下記を書き込めば良いとのこと。
恐らく多くの人はbashなので~/.bashrcを。
自分はzshなので~/.zshrcを。

alias javac="javac -J-Dfile.encoding=UTF-8"
alias java="java -Dfile.encoding=UTF-8"

で、もう一度Javaコンパイラのバージョンを見てみることに。

McLaren% javac --version
javac: --version は無効なフラグです。
使い方: javac <options> <source files>
使用可能なオプションのリストについては、-help を使用します

おお、日本語w
(そして–versionなんてフラグは無いw)
さすが世界企業Sun。
そして愛しのVimの原型viを開発したビル・ジョイも参加して作っただけある。
やっぱすごい。
そして便利そう。
(クソ単純な俺)

そうそう、実は自分のファイルにこれだけは書いてあった。

export JAVA_OPTIONS="-Dfile.encoding=UTF-8"

一度挑戦しようとしかけたのかね?w
とは言え、失敗していたからアレなんだけれども。

と、ここまで書いたんだけど、今CおよびC++の勉強中だから、あくまで気まぐれ。
いつ続きをやるかわかりませんので悪しからず〜。

あ、ちなみに正式なバージョン情報は

McLaren% javac -version
javac 1.6.0_17

と言った感じ。
(珍しく、ハイフン1つ少なくていいのね)

そんだけ。

Post to Twitter

, , , , ,

No Comments