Posts Tagged OpenGL ES

「OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング」が面白かった

OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング

著者/訳者:横江 宗太(株式会社パンカク)

出版社:インプレスジャパン( 2009-12-18 )

定価:¥ 3,024

単行本 ( 352 ページ )

ISBN-10 : 4844328085

ISBN-13 : 9784844328087


一言で言うと、この本がとても面白かった。
内容は非常にストレートで、「iPhone向けに簡単なレースゲームを作る」という趣旨の本。
1章がOpenGL ES 1.0を使った2Dの取り扱い。画面への描画。
2章がその応用で「はえたたきゲーム」を作る。

はえたたきゲーム


3章が”パーティクルシステム”と呼ばれる煙などの表現に使われる演出の実装。

パーティクルシステム


4章が「2Dレースゲーム」を作る。

2Dレースゲーム


5章が”衝突判定”の実装。

衝突判定の実装と画面調整


6章が全ての章を応用して「3Dレースゲーム」を作る。

3Dレースゲーム

まず、Objective-CとC++の知識が最低限求められる。
あと、最終章の3Dレースゲームと言ってもそれほどのものを期待してはいけない。
ただ、ゲームの骨組みを組む方法や、画面描画と操作の連携などを学ぶことが出来る。
俺みたいな脳たりんには丁度良い内容となった。

基本的なゲームロジックはC++で実装されているため、そのままではつまらないのでObjective-Cで実装することにした。
これがC++のコードとの対比が出来てなかなか面白かった。
実際問題、C++を前提に書いてあるので付け焼き刃な俺のObjective-C知識ではなかなか無駄な処理が出まくっているのはわかっているのだけれども、それでもやって良かったと思う。
書店で見かけたら、ちょっと目を通してみるのもいいかもしれない。
これだけでゲームは作れないけど、本当に良いきっかけを作ってくれると思う。

ちなみに、上記のゲーム画像はアセットこそお借りしたものの、ソースコードは写経+Objective-Cで書き直したものをiPhone 3G上で実際に動かしたもののスクリーンショット。
一応この程度のものは出来る。

また、Windows用になってしまうけれど、この本の冒頭に書いてある参考文献である「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」をこの本の次に読むといい気がしてきた。
実は「ゲームプログラマになる前に~」も持ってはいるものの、なかなか読み進められないでいた。
けど、今回の「OpenGLで作る~」を読んでからなんとなく進められるようになってきた。
基本的に本に書かれているコードは執筆時のいずれかの段階のコードなので、実は動かないものも多いけど、ソースコードに当たれば問題ないレベル。
徐々にステップアップして行くには良いかなぁ、と自分に言い聞かせつつ読み進めてまふ。
参考までに。

ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術

著者/訳者:平山 尚

出版社:秀和システム( 2008-11-14 )

定価:¥ 4,860

Amazon価格:¥ 4,860

単行本 ( 872 ページ )

ISBN-10 : 4798021180

ISBN-13 : 9784798021188


そんだけ。

Post to Twitter

, , , , ,

No Comments