Posts Tagged Mac

Macにzsh-develを入れる。

忘れちゃったのでメモ。
MacPortsが入っていること前提。
入れ方わかんない人は古い記事まで。

Variantsはこんな感じ。

McLaren:~ yuxx$ port variants zsh-devel
zsh-devel has the variants:
doc: Install extra documentation
examples: Install configuration examples
mp_completion: Install port(1) completion file
pcre: Add regular expressions support in builtin functions through PCRE
universal: Build for multiple architectures

早速インストール。

McLaren:~ yuxx$ sudo port install zsh-devel  +mp_completion +pcre

で、終了時に

If you want MacPorts' zsh as login shell, you should run:
% sudo sh -c "echo '/opt/local/bin/zsh' >> /etc/shells"
% chsh -s /opt/local/bin/zsh
--->  Cleaning zsh-devel

なんて出なかったら

McLaren:~ yuxx$ sudo port uninstall zsh
--->  Deactivating zsh @4.2.7_0+dp_completion+mp_completion
--->  Cleaning zsh
--->  Uninstalling zsh @4.2.7_0+dp_completion+mp_completion
--->  Cleaning zsh

でアンインストール。

で、続き。
さっきの指示通りにする。

McLaren:~ yuxx$ sudo sh -c "echo '/opt/local/bin/zsh' >> /etc/shells"
Password:
McLaren:~ yuxx$ chsh -s /opt/local/bin/zsh
Changing shell for yuxx.
Password for yuxx:

こんな感じ。
うまく行かない場合は /opt/local/bin へのPATHをもう一度通し直すと良かったりする可能性もある。

zsh最強シェル入門

著者/訳者:中島 能和

出版社:翔泳社( 2008-12-04 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,592

単行本(ソフトカバー) ( 272 ページ )

ISBN-10 : 479811815X

ISBN-13 : 9784798118154


Post to Twitter

, , ,

No Comments

NewsFireの移行

Macで小粋なRSSリーダと言えばNewsFire。
これ、昨日DLしようとしたらVer.2を機にAppStoreで有料化したらしい。

まぁ、それはそれとして手持ちのMacBook Airからバイナリと設定を移行することに。
バイナリはファイル共有で簡単に「アプリケーション」から複製した物を置いて送ればOK。
で、設定ファイルが若干手間。

保存先は例によってLibrary以下
~/Library/Application Support/NewsFire
これを持っていく。

Sauber% cp -a ~/Library/Application\ Support/NewsFire .
Sauber% tar cjf NewsFire.tar.bz2 NewsFire

あと、もう一つ必要で
~/Library/Preferences/org.xlife.NewsFire.plist

これらをファイル共有して移動先に持っていく。
例によって解凍&移動。

McLaren% tar xjf NewsFire.tar.bz2 
McLaren% cp -a NewsFire ~/Library/Application\ Support/

あと、

McLaren% cp org.xlife.NewsFire.plist ~/Library/Preferences/

も忘れずに。

Post to Twitter

, ,

No Comments

fetch、wget、cURLは基本的に便利。

やはりUNIX系コマンドのお話。
大概ネットに繋がっていることがあり、ファイルを落としたいなんてこともある。
で、Zipとかの書庫やらファイルを落としたい時がある。
そんな時に活躍するのがfetch、wget、cURL。
なんで3つも種類があるかと言うと、fetchがFreeBSDのもの。
wgetがLinuxとか。
cURLがMacでは標準。
機能的には恐らくfetch<wget≦cURLかな?

使い方としては

% fetch http://www.google.com

とか。

で、wgetとかcURLだと再起的に取ってきたり、連番で取ってきたりできるっぽい。
例えば

% curl -O http://www.hogehoge.com/img_[1-100].jpg

とすれば、img_1.jpg〜img_100.jpgをDLできる。

これからもお世話になりそう。

そんだけ。

Post to Twitter

, , , , , , , ,

No Comments

MacPorts

最近のMacを弄っていると驚くほどUNIXなことに気がつく。
MacPortsもそんな一つ。
http://www.macports.org/
これはFreeBSD由来のPorts CollectionのMac版で、そのOSで使えるUNIXプログラムのソースコードを取ってきて、設定、およびインストールをしてくれると言う優れもの。
今回はその使い方をメモついでに書いておくことに。
(よく手帳を読み返すんだよね、これ。。)

準備するもの。

  • OSX 10.4 以降が走るMac
  • OSX 10.4 以降のMacOS X
  • ネット環境
  • Xcodeの最新版

最低でもこれくらいは必要かと。
で、総本山に行って、最新版のMacPortsを落としてくる。
http://www.macports.org/install.php
ここの「Mac OS X Package (.pkg) Installer」と書いてある場所の該当OSをクリック。
macpotrs.org_download_page
で、dmgからインスコしてとりあえずインストール完了。

更に、シェルにパスを通さないとportとだけ書いても動かないので、下記の記述を.bashrcなどに追加する。
(ついでにマニュアルも記述しておく)

export PATH=/opt/local/bin:/op/loca/sbin:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

あとはインストールしたいUNIXツールを見つけたら

% sudo port install ソフトウェア名

と言った感じ。

こっから先はコマンドリファレンス的なもの。
Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, , , ,

No Comments

Objective-Cのお勉強 #2 ファイルの分割とコンパイル

前回はクラスとメソッドを定義し、それをmain関数から呼び出すと言うことに。
前回までのソースは下記の通り。

// engine.m
#import <Foundation/NSObject.h>
#import <stdio.h>
@interface Engine : NSObject
- (void) startEngine;
@end
@implementation Engine
- (void) startEngine
{
printf( "Start my engine!\n" );
}
@end
int main()
{
// idと言う型の変数を定義します
id obj;
// クラスのインスタンス化
obj = [[Engine alloc] init];
// EngineクラスのstartEngineメソッドを呼び出します
[obj startEngine];
return 0;
}

Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, , , ,

No Comments

Objective-Cのお勉強 #1 簡単なクラスとメソッドの説明

今回は「クラス」と「メソッド」と言うものについて勉強して行こうじゃないですか、と。
まず、クラスと言うものは、プログラムの部品だと思って下さい。
オイラは自動車が好きなのでそれで例える。

1つのプログラムが自動車そのものだとしたら、クラスとはなでしょ?
答えは簡単で、それはボディーであったり、エンジンであったり、タイヤであったり、サスペンションであったりする。
エンジンも細かく分けて行けばカムシャフトやら、ピストンやら、ブロックやらたくさんある。
それがプログラムで言うところの「メソッド」。

では、実際のコードでエンジンクラスを作っていきましょうかね。
Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, , , ,

No Comments

Objective-Cのお勉強 #0 準備篇

MacやらiPhoneでプログラミングをする場合、CやC++、はたまたJavaなんかを思い浮かべる時代はとうに終わったそうです。。

それを突きつけられたのがこの前バージョンアップしたOS、Mac OS X Snow Leopard。
これに対応したIDE(開発環境)であるXcode 3.2のテンプレートから、C/C++用のCarbonと呼ばれる環境用のテンプレートが無くなり、Javaなんかは結構前から無かったり、PythonやRubyもサポートされていたようなんだけど、それも削除。
xcode3.2_new_project
マカー系プログラマに残された道はObjective-CベースのCocoa環境しか無いわけですよ。
んじゃ、やっぱ勉強しますか。
CやC++でさえ怪しい身分ですが。。。

Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, , , , ,

No Comments

OSXでのSSH接続についてごニョゴニョ

ご無沙汰です。yu++です。
なんか、ちょっとずつではあるけれど、OSXとか言うOSに慣れてきたのでちょっとメモを残しておきたいなぁ、なんて。(あえてMacとは書かないのは、あのシンプルで美しかったMacを汚さないためw)。
Windows環境ベッタリだったので、こういうUNIX的なツールに触る機会も無く、今日に至った和尚な訳ですが、OSXは結構なUNIXだったりするわけで。
個人的には旧態依然が嫌いなので、UNIXとか論外なんだけど、それでもよいと思ったものには敬意を払うのが人の道。最近コマンドラインにちょっとはまりかけていて、「キーボードやマウスなどと言う旧世代のデバイスなんて、すぐになくなっちまえばいい」と思っている和尚からは想像もつかない猫まっしぐらオーラを出している最中。
そんな中で、僧と言う職業柄、Windows環境などではPuTTyなどのTerminalアプリを使ってSSH接続をしないといけないわけ。が、これはOSXには無い。てか、あるはずが無い。だって、UNIXには標準で入ってるんだから。コマンドラインシェルでシコシコ打つこと数時間。半透明などのエフェクトをかけることが出来るOSXのTerminalから、外部サーバに接続できるようになった。
Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, , , , ,

No Comments