Posts Tagged Linux

fetch、wget、cURLは基本的に便利。

やはりUNIX系コマンドのお話。
大概ネットに繋がっていることがあり、ファイルを落としたいなんてこともある。
で、Zipとかの書庫やらファイルを落としたい時がある。
そんな時に活躍するのがfetch、wget、cURL。
なんで3つも種類があるかと言うと、fetchがFreeBSDのもの。
wgetがLinuxとか。
cURLがMacでは標準。
機能的には恐らくfetch<wget≦cURLかな?

使い方としては

% fetch http://www.google.com

とか。

で、wgetとかcURLだと再起的に取ってきたり、連番で取ってきたりできるっぽい。
例えば

% curl -O http://www.hogehoge.com/img_[1-100].jpg

とすれば、img_1.jpg〜img_100.jpgをDLできる。

これからもお世話になりそう。

そんだけ。

Post to Twitter

, , , , , , , ,

No Comments

Man Pageの表記とか

FreeBSDとか、Unixの話。
manというマニュアルを呼び出すコマンドがあります。が、その表記でいつも気になることがありました。例えば「ls(1)」の(1)の部分。
これが何かを調べたところ、常識的すぎるためか、皆さん気にならないのか、なかなか見つかりませんでした。
Linuxのman pageを開設したサイトでは、下記のような形で紹介されていたり。
http://www.kaimei.org/note/mag/unix_doc.html

1 ユーザコマンド
2 システムコール (カーネルの提供する関数)
3 サブルーチン (ライブラリ関数)
4 デバイス (/dev のスペシャルファイル)
5 ファイルフォーマットの説明
6 ゲーム
7 その他 (マクロパッケージや取り決め的ドキュメント)
8 システム管理用ツール
9 Linux 独自のカーネルルーチン用ドキュメント
n 新しいドキュメント (よりふさわしい場所に移動すべきもの)
o 古いドキュメント (猶予期間として保存されているもの)
l 独自のシステムについてのローカルなドキュメント

Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, , ,

4 Comments