Archive for 3月, 2011

Macにzsh-develを入れる。

忘れちゃったのでメモ。
MacPortsが入っていること前提。
入れ方わかんない人は古い記事まで。

Variantsはこんな感じ。

McLaren:~ yuxx$ port variants zsh-devel
zsh-devel has the variants:
doc: Install extra documentation
examples: Install configuration examples
mp_completion: Install port(1) completion file
pcre: Add regular expressions support in builtin functions through PCRE
universal: Build for multiple architectures

早速インストール。

McLaren:~ yuxx$ sudo port install zsh-devel  +mp_completion +pcre

で、終了時に

If you want MacPorts' zsh as login shell, you should run:
% sudo sh -c "echo '/opt/local/bin/zsh' >> /etc/shells"
% chsh -s /opt/local/bin/zsh
--->  Cleaning zsh-devel

なんて出なかったら

McLaren:~ yuxx$ sudo port uninstall zsh
--->  Deactivating zsh @4.2.7_0+dp_completion+mp_completion
--->  Cleaning zsh
--->  Uninstalling zsh @4.2.7_0+dp_completion+mp_completion
--->  Cleaning zsh

でアンインストール。

で、続き。
さっきの指示通りにする。

McLaren:~ yuxx$ sudo sh -c "echo '/opt/local/bin/zsh' >> /etc/shells"
Password:
McLaren:~ yuxx$ chsh -s /opt/local/bin/zsh
Changing shell for yuxx.
Password for yuxx:

こんな感じ。
うまく行かない場合は /opt/local/bin へのPATHをもう一度通し直すと良かったりする可能性もある。

zsh最強シェル入門

著者/訳者:中島 能和

出版社:翔泳社( 2008-12-04 )

定価:¥ 2,592

Amazon価格:¥ 2,592

単行本(ソフトカバー) ( 272 ページ )

ISBN-10 : 479811815X

ISBN-13 : 9784798118154


Post to Twitter

, , ,

No Comments

NewsFireの移行

Macで小粋なRSSリーダと言えばNewsFire。
これ、昨日DLしようとしたらVer.2を機にAppStoreで有料化したらしい。

まぁ、それはそれとして手持ちのMacBook Airからバイナリと設定を移行することに。
バイナリはファイル共有で簡単に「アプリケーション」から複製した物を置いて送ればOK。
で、設定ファイルが若干手間。

保存先は例によってLibrary以下
~/Library/Application Support/NewsFire
これを持っていく。

Sauber% cp -a ~/Library/Application\ Support/NewsFire .
Sauber% tar cjf NewsFire.tar.bz2 NewsFire

あと、もう一つ必要で
~/Library/Preferences/org.xlife.NewsFire.plist

これらをファイル共有して移動先に持っていく。
例によって解凍&移動。

McLaren% tar xjf NewsFire.tar.bz2 
McLaren% cp -a NewsFire ~/Library/Application\ Support/

あと、

McLaren% cp org.xlife.NewsFire.plist ~/Library/Preferences/

も忘れずに。

Post to Twitter

, ,

No Comments

FreeBSDなphpのdate設定

なんか、cactiと言うログツールの設定中、バッチにてdate関連のエラーが。
どうやら設定していなかったと言う。。。

/usr/local/etc/php.ini
を編集。

date.timezone = Asia/Tokyo

以上。

プログラミングPHP 第2版

著者/訳者:Rasmus Lerdorf Kevin Tatroe Peter MacIntyre

出版社:オライリー・ジャパン( 2007-10-23 )

定価:¥ 4,104

大型本 ( 448 ページ )

ISBN-10 : 4873113423

ISBN-13 : 9784873113425


Post to Twitter

,

No Comments

Thunderbirdのデータ移動 (Mac to Mac)

MacBook Pro 17″ (Early 2011)を購入したのを機に、初代MacBook Airからあらゆる環境を移行しようと思ってる。
で、メールアカウントもここに登録しているので、Thunderbirdから移行することに。
ちなみに、このアカウントは昔から使っているアカウントが脈々と受け継がれたもの。
結構大切だったりする。

で、実作業の備忘録。
まず、元データのあるマシンでの作業。
Thunderbirdのデータは
~/Library/Thunderbird/Profiles/(ユーザごと固有の値).default
以下に保管されている。
便宜上(ユーザごと固有の値)を以下「hoge1foo9bar」とする。
これをとりあえず圧縮することにする。

Sauber% cp -a ~/Library/Thunderbird/Profiles/hoge1foo9bar.default .
Sauber% tar cjf hoge1foo9bar.default.tar.bz2 hoge1foo9bar.default

こんな感じ。
この圧縮作業、意外と時間がかかった。
ちなみにディレクトリ容量は1.6GB。。
圧縮しても428MBくらいあった。。。

このファイル(hoge1foo9bar.default)をファイル共有とかで移行先に送る。

次からは移行先での作業。
Thunderbirdをインストールしてない場合はインストール。
で、さっきのファイルをやっぱり
~/Library/Thunderbird/Profiles/
に設置する。
そこで解凍する。

McLaren% tar xjf hoge1foo9bar.default.tar.bz2 hoge1foo9bar.default

今度は
~/Library/Thunderbird/Profiles/profiles.ini
のPathを編集する。
(存在しない場合は一度Thunderbirdを立ち上げてみる。)
このとき、Thunderbirdは閉じておくこと。

[General]
StartWithLastProfile=1
[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=Profiles/hoge1foo9bar.default

で、起動すればあら不思議、普通に使えちゃいます:-)

はじめてのThunderbird3―for Windows/MacOS X/Linux 人気メーラーの「基本操作」と「アドオン」 (I・O BOOKS)

出版社:工学社( 2010-04 )

定価:¥ 2,052

単行本 ( 159 ページ )

ISBN-10 : 4777515168

ISBN-13 : 9784777515165


Post to Twitter

No Comments