Archive for 6月, 2007

XNA GSEとたわむれる チュートリアル1 ステップ1(BlogPet)

ルティがここにキットっぽい操作しなかったー。
でyu++はここへyu++がここまで参考された。

*このエントリは、ブログペットの「ルティ」が書きました。

Post to Twitter

No Comments

Xbox 360コントローラーの導入

ども。
yu++です。
以前予告していたTutorial 2を進めていきたいところですが、今回のTrtorialにはXbox 360のコントローラーが必要だったりします。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、公式ドライバは非常に出来が悪いです。
で、日本の有志によるXbox 360コントローラー非公式ドライバなるものがあり、それは非常に使いやすいです。
が、それを使うと今度はXNAで認識しないと言う不都合を確認しました。
もっと書くと、公式ドライバのXbox 360コントローラー以外、XNAでは使えないはずです。
ドライバの構造の違いから来るものだそうですが、今後は対応したものが他社から出てくるかもしれません。

普段のゲームでこのコントローラを使わないなら公式ドライバを入れるだけでいいのですが、もし、非公式ドライバと共有したいという自分のような人がいるかもしれないので、書いておきます。
まぁ、そんな大それた難しい内容じゃないんですけどね。

Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, , ,

No Comments

XNA チュートリアル1の内容をおさらい

やっぱりというか、日本のXNA系サイトは結構進んでいるらしく、チュートリアル程度なら全部やっているところが多いみたいですね。
まぁ、マイペースに前回のチュートリアルで何が起こっているのかをCreators Club OnlineにあるVideo Tutorial 1を見ながらおさらいしましょう。
まず、最初から覗いてみましょう。

Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, ,

No Comments

目標の設定

何事にも目標というものが大事でして、今何がしたいのか、そしてそれには何が必要なのかをチョロチョロと書いておこうかなぁ、と。
まぁ、PCをディープに使っている人で変わり者じゃないと自信を持って主張される方は少ないかと思うんですけれど、自分もどこか偏っているわけです。
とりあえず、ポリゴンが大好きなんですね。
どれくらいのポリゴンが好きかというと、バーチャレーシングとか、スターフォックス、カクカクしているのでバーチャファイターは2までがベストです。
それくらいポリポリしたポリゴンが好きなんですよ。
で、F1とMotoGPが大好きなんですよ。他にもDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)とかスーパーGTとかも好きだったりして、当然GTシリーズもハンドルと台を買ってしまうくらい好きなわけで・・・。
xna_10

じゃあ何よ?
と言われれば、とりあえずバーチャレーシング(以下”VR”)的なものを作りたいというのが当面の目標です。
これは非常に重要なことだと思うんですよ。
世界初の体感型3DCGレースゲームなんですよ?
それが今じゃ見向きもされないわけで。
とは言っても、VRのピットクルーは後のバーチャファイターに出てくるジャッキー・ブライアントの原型だったり、現代のゲームを形成する上で非常に重要な役割を持っていたわけです。
そんな偉大な足跡をたどることができるとしたら?
そんな気持ちにさせてくれるのがXNAだと思ったんですよ。
と言うわけで、拍子抜けされた方も多いかもしれませんが、このサイトの最終目標は意外と低い位置にあると言うことだけは宣言しておきます。
あと、絵心がないので2Dに関してもディープに触れることはないかもしれません。
必要とあればやりますけど。
方向性としてはVRっぽいものを作る。

テクスチャを付ける。

プログラマブルシェーダを使う。

To be continue…
と言う感じです。
で、VRを実現するためには、最近はやりのプログラマブルシェーダやらは特に必要なくて、昔ながらの固定シェーダがあれば事足りちゃうわけです。
ただ、XNAは最新のグラフィックスを簡単に実現することを主眼に開発されていることから、「シェーダバッチ来い」と言う感じらしいです。
まぁ、それは難しいからと言うことで、固定シェーダ風の使い方を提供してくれるBasicEffectクラスというのが用意されているのです。
そう、チュートリアル1で使った奴です。
これなら取っつきやすそうだし、勉強にもなるし、何よりVRに近づいたような気がしますね。
「千里の道も、一歩から」とはよく言ったものです。
長らくこの駄文に付き合っていただいてありがとうございました。
残念ながら、今回は特に何も更新はございません。
ゴメンね~。

アディオス。

Post to Twitter

, ,

No Comments

XNAの情報源を紹介

XNAは現在バリバリ更新されているワケですが、日本語情報がいかんせん少ない・・・。
ひょっとしたらこのクソブログがXNAの貴重な情報源になりかねない・・・なんて悲しいことはイヤなので、とりあえず有益な情報があるリンクを紹介。
XNA デベロッパー センター
http://www.microsoft.com/japan/msdn/xna/default.aspx

Microsoftの日本法人マイクロソフト株式会社によるXNAのサイト
細々とローカライズが行われている模様
XNA Japan Team Blog
http://blogs.msdn.com/xnajapan/default.aspx

その名の通り、XNA日本チームのブログ
デベロッパー センターとかドキュメントのローカライズを行っている最中なんだとか
人数が少ないんだか、XNAのドキュメントが豊富すぎるからかは知らないけれど、あまり進展がない
とは言え、最新情報はここに集約されるはず
ひにけにXNA
http://blogs.msdn.com/ito/default.aspx

ここはXNA開発に携わっている本職プログラマである伊藤雄一さんによるブログ
ここには結構有益な情報が満載
てか、「ハッタリ山脈」を読んでいる暇があるなら、ここを深く読んだ方がいいのでは?(笑
とは言え、更新はこれまたスロー
XNAをガリガリ作っているのでしょう
XNA Creators Club Online
http://creators.xna.com/

そして忘れちゃいけないのがCreators Club Online
ここには豊富なXNAサンプルや、ヘルプをオンラインで読むことが可能
中でも最近アップロードされた”Racing Game”はドイツのゲーム制作スタジオが作った本物に近いレースゲームのスターターキットが熱い
こんな事ができるのかと思わず感嘆の声が漏れてしまいそう
で、Xbox 360初のフルHD対応ゲームなんだとか・・・ヒィ~
 まぁ、基本的なサイトはこんな所。他にも気になるサイトが見つかったら随時紹介します。
 アディオス。

Post to Twitter

, ,

No Comments

XNA GSEとたわむれる チュートリアル1 ステップ2~ゴール

早速メニューの「ファイル」→「新しいプロジェクト」を選択。
さらに「Windows Game」を選択して、プロジェクト名を命名しましょう。
例えば今回は「yu++ XNA Game 01」としました。
xna_05
Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, ,

No Comments

XNA GSEとたわむれる チュートリアル1 ステップ1

もうこのブログを読む人は常連さんではないことでしょう・・・。
まぁ、そんなことは知った事じゃないので、急に再開という方針を貫いてみたり。
で、今回はXNA Game Studio Expressと言うMicrosoft(以下”MS”)のC#開発環境で遊んじゃおうというお話。
C言語に挫折した人間だけれども、C#も挫折したいという奇特な人間がここにいたりします。

また、インストールとかUncategorized諸々は面倒なので書きません。
もしこの記事が続くようであれば、追加するかも?
まぁ、必要なものはVisual C# 2005 Express Editionと.NET Framework 2.0、そして忘れちゃいけないのがXNA Game Studio Express(以下”XNA”)。では、始めましょう。
Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, ,

No Comments