Archive for 6月, 2006

ナールズ・バークレーをみんなで聞こう

 昨日、ShowBiz Countdownを見ていたらGnarls Barkley (ナールズ・バークレー)のファーストアルバム、St. Elswhere(セント・エルスホェア)が去る6月21日にリリースされたと言うCMが放映されていた。いや、皆さん、今一度おすすめします。UKチャートでず~っとトップだっただけあります。Gnarls Barkleyはマジできてます。
 基本的にUKロックが好きなオイラだけど、Crazyと言うヒップホップ系のバラードにはやられた。万人受けするリズムの良さと、ちょっと切ないメロディはきっと心を打つでしょう。
 今一度無料で(しかも高音質で)聞けるMyspace.com内の公式ページを紹介しておきます。
http://www.myspace.com/gnarlsbarkley
 個人的な感想はCrazyとGoGo Gadget Gospelがお気に入り。Kasabian (カサビアン)と共に来月買おうかと思ってます。CD屋で試聴できるんだったら、他の曲も聴いてみてください。マジおすすめですから。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

,

2 Comments

すぽるとなんて見るな!

 あ、あぶなーい!F1の予選が3時30分からなのに、その前にすぽると見ちゃうと結果が発表されちゃうから、見ちゃダメ、絶対!
 と言うわけで、大急ぎでチャンネルを変えたんですけど、ああいうハメ、マジでやめてください・・・。チャンネル変更が追いつかなかった場合、かなり萎えるので・・・。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

2 Comments

マルホランド・ドライブ [2001年 米・仏]

あらすじ
 ロサンゼルスに位置する一般道”マルホランド・ドライブ”。深夜、この道をリムジンが走る。後部座席に座る女は突然助手席にいた男に銃口を向けられる。しかし、暴走した若者の車が突然衝突。命からがら抜け出すことに成功する。そこには”マルホランド・ドライブ”という標識と、ロサンゼルスの夜景が広がっていた。そして女は、あるアパートにたどり着く。
 同じ頃、ハリウッドで女優を目指すために上京してきたベティは、祖母が使わなくなったアパートを借り受ける。そこには見知らぬ女がおり、さらにその女には記憶さえなかった。女の唯一の記憶は”マルホランド・ドライブ”であった。二人の記憶探しの度は始まる。
 しかし、話をそのまま受け取ってはいけない。これは序章にしか過ぎないのだから・・・。
監督・脚本:デビッド・リンチ
撮影:ペーター・デミング
音楽:アンジェロ・ダバラメンティ
出演
ベティ・エルムス/ダイアン・セルウィン ナオミ・ワッツ
リタ・ヘイワース/カミーラ・ローズ ローラ・エレナ・ハリング
ココ アン・ミラー
アダム・ケシャー ジャスティン・セロー
 まず、この映画が非常に難解であると言うことを書いておきましょうか。一度見た程度で理解できるんだったら、アホでも見られる映画なんて見る必要が無いというか、なんというか。前半と後半(約30分)の関係が非常に面白い。難解ではあるんだけど、最後まで見ると謎を解くヒントが散りばめられている。繰り返し見ることによって、この映画のストーリーラインが見えてくるかもしれない、と言った感じ。
 ただ、この映画はストーリーライン云々と言うより、この映画が主張する圧倒的な感情が凄い。最後まで見たら、なんと悲しい物語かと言うことがわかるはず?ただ、途中もロクに見ないでただ難解な映画だと思うような人には、その事さえ気がつかないんだろうな・・・。
 あと、最後の方の歌がスゴいよかった。力強い歌で、聞き応えがある。歌っている人は本人役で出ているそうな。まぁ、途中で倒れちゃうんだけど(謎。
 どうでもいいことなんだけど、男として注目なのはナオミ・ワッツとローラ・エレナ・ハリングとのカラミ。全裸です。ローラ・エレナ・ハリングは巨乳。ナオミ・ワッツはあっちの人にしては貧乳。まぁ、だからどうというわけじゃないんですが。両方の好みをうまく取り入れられているなぁ、と。・・・さらにどうでもいいな。やっぱ、映画にはエロがあった方がいいですね。人間の三大欲求が含まれている映画はやっぱり熱い。
 話それたな(笑。とにかくおすすめ。久々に見たわ。いや~、良かった。系統は「メメント」系なんで、そっちが好きな人もおすすめ。

 ではでは・・・。

マルホランド・ドライブ [DVD]

販売元:ポニーキャニオン( 2010-02-17 )

定価:¥ 1,890 ( 中古価格 ¥ 3,124 より )

時間:146 分

1 枚組 ( DVD )


Read the rest of this entry »

Post to Twitter

, , ,

No Comments

久多良木健のプレステ革命 [麻倉 怜士 著]

内容
プレイステーションを立ち上げた男、久多良木 健(くたらぎ けん)。彼には壮大なビジョンがあった。当時ソニーの研究員だった久多良木氏は、たまたま出会ったリアルタイム3DCGシステム「システムG」と、ほぼ同じ時に買ったファミリー・コンピュータが融合したら、全く新しいコンピュータができあがると考えた。それを実現するまでの10年と、4年で7000億円の連結売り上げを達成するまでを浅く広く触れている。
独自のリアルタイム3DCGコンピュータ像を実現させるための人材発掘。当時ソニー社長だった大賀氏を怒らせた、任天堂との提携と契約破棄。ソフトメーカーへの参入交渉。任天堂時代に築き上げられたゲーム流通の改革。理想的なエンターテインメント・コンピュータの開発。ソニーグループであるが故のジレンマとの戦い。米国販売指揮権の争奪戦。久多良木氏のベンチャービジネス論。PSXから始まるエンターテインメント・コンピュータとしてのPlayStation。以上が主だった内容である。
如何にしてPSが成功したのか。その片鱗が読める貴重な一冊。レアなソニー製CD-ROM一体型スーパーファミコンの写真付き。
何度かPS3の件でいろいろ書いたけど、久多良木さんのやりたいことは全く変わっていない。彼の夢はエンターテインメントのコンピュータを作りたいと言うことに尽きる。1984年、ソニー厚木工場にあった情報処理研究所で出会った衝撃的なリアルタイム3DCG。それに魅了された久多良木さんの気持ちがどのようなものだったか、何となく感じ取れる。
で、いろいろ面白いエピソードがあるんだけど、任天堂との契約決裂のエピソードは面白かった。ソニー大賀社長(当時)と任天堂 山内会長(当時)との間で調印されたスーパーファミコン向けのCD-ROMアダプタ開発は、任天堂の一方的な契約破棄で終わった。そもそもその話を持ち込んだ久多良木さんは、独自開発のゲームに乗り出すチャンスと考えて、それをうまく使った。どの様にうまく使ったかと言えば、大賀社長に対して

「任天堂にあれだけのことをされて、黙っているおつもりですか!」

と言って煽り、

「そんなに言うのだったら、本当かどうか、証明してみろ!」
そして机を叩きながら、拳に力を込め、発したのだ。
「DO IT !!」

と言ったとか(笑。「DO IT」ってアンタ。ナイスです。
あと、SCEがソニーグループにあって、ソニーでは無いという思いから来るジレンマも面白かった。SCEで勝手に1万円値下げして本社から非難囂々だったとか。家電の世界ではモデルチェンジも無しに1万円も値下げはしない、らしい。
逆に、ソニーグループである事を最大限利用した点も面白い。まずは技術力、つまり人材の面。あと、潤沢な資金。巧みな広告戦略。そして、CD-ROM。久多良木さんは本当にタイミングがいい。ただ、そこで思うことはPS3のタイミングの話。本当にあれで良いのかなぁ・・・。
当時のゲーム業界の片鱗が見えてくる一冊でした。こういう事に興味がある人すべてにおすすめ。

久多良木健のプレステ革命 (ワック文庫)

ではでは・・・。

Post to Twitter

, , ,

No Comments

ダ・ヴィンチ・コード [ダン・ブラウン著]

あらすじ
フランス・ルーヴル美術館の館長 ジャック・ソニエールが突如、何者かに殺害された。その遺体は奇妙なことに、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた”ウィトルウィウス的人体図”を模した形に配置されている。さらにそこには、歴史学者のロバート・ラングドンを呼べと血塗られた文字で書かれていたのだった・・・。
警察からマークされたラングドンは、ジャック・ソニエールの孫娘で暗号解読に従事するソフィー捜査官と共に行動することになる。ジャックが残した巧みな暗号を解読した二人は、ジャックがどうしても残したいキリストにまつわる重大な秘密があると言うことをつかむ。そして、その謎を託されたのもまた、その二人であった。
ジャックを殺害してまで秘密に迫ろうとした謎の集団や、司法警察のファーシュが執拗にラングドン達を追いつめる。そんな中、自らの潔白を証明するために奇才 レオナルド・ダ・ヴィンチなどの偉人達が残したキリスト教にまつわる重大な秘密に迫る。

Vitruvius
ウィトルウィウス的人体図

いや、久々に長い本を読んだ。と言うか、本を読んだ・・・。ここ最近、キリスト教というか、聖書というものが面白いと言うことに気がついて、こういう話をむしろ待っていたという感じ。
この本をキリスト教とか聖書になじみが薄い人が読んで果たして面白いのか?そんな疑問がまず出てきた。個人的にはこういう話が大好きだし、この中のノンフィクション部分とされる”シオン修道会”や”クリプテックス”などがあらゆるメディアで否定されたとしても、話の根幹のおもしろさは揺るがない。ただ、キリストの秘密に興味がなかったら、本当にそれまで。
この本が無駄に長い理由は、キリスト教の知識が薄くても、親切丁寧に、あるいはさりげなく解説が成されているため。詰まるところ、無駄ではない(笑。これが読み手の理解を自然に深めているところは、ダン・ブラウンのうまさがあったかもしれない。
この本を薦めるとしたら、憶測や噂、非日常を求めている人かな?なるほどどうして、この本が売れるわけだ。だってそうでしょ?憶測や噂が地球の裏側まで一瞬で届いてしまう世の中。こういう本が売れないわけがなかったのかも。そう言う”現代人”におすすめ。

ちなみに、オイラはハードカバーの上下巻で読みました。今なら激安の文庫版が出ているから、そっちをおすすめしておきます。当然、上中下を買ってもハードカバーより遙かに安いです・・・。なんてこった!

ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫) ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫) ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)

ではでは・・・。

Post to Twitter

, ,

2 Comments

2006年6月18日付 UKチャート

 ちょいと更新サボってしまったので、まとめて更新・・・。まぁ、チャートの動きは激しかったののの、ワールドカップ関連の曲が多くて、それもUKのテレビ事情が深く影響しているからそんなに興味がないチャート推移だったり、と言う言い訳はいかがですか?
BBC Radio 1 UK Chart Single












順位
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
アーティスト
Nelly Furtado
Sandi Thom
Shakira Ft Wyclef Jean
Automatic
Bon Jovi
Infernal
Pink
Embrace
Baddiel / Skinner /Lightning Seed
Sham 69 & The Special Assembly
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
タイトル
Maneater
I Wish I Was A Punk Rocker
Hips Don’t Lie
Monster
Who Says You Can’t Go Home
From Paris To Berlin
Who Knew
World At Your Feet
3 Lions
Hurry Up England –
The Peple’s Anthem
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
備考


New

New




New
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |

BBC Radio 1 UK Chart Indie












順位
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
アーティスト
Armand Van Helden
Embrace
Trinidad & Tobago Tartan Army
Stan Boardman
Dualers
Morrissey
John Parr Vs Tommyknockers
Oakenfold Ft Brittany Murphy
Tony Christie
Crazy Frog
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
タイトル
Mymymy
World At Your Feet
Scotland Scotland Jason Scotland
Stan’s World Cup Song
Don’t Go
The Youngest Was The Most Loved
New Horizon
Faster Kill Pussycat
(Is This The Way To) The World Cup
We Are The Champions
(Ding A Dang Dong)
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
備考
New





New


 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |

Post to Twitter

,

No Comments

2006年6月11日付 UKチャート

BBC Radio 1 UK Chart Single












順位
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
アーティスト
Nelly Furtado
Sandi Thom
Embrace
Automatic
Gnarls Barkley
Infernal
Pink
Tony Christie
Keane
Baddiel / Skinner /
Lightning Seed
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
タイトル
Maneater
I Wish I Was A Punk Rocker
World At Your Feet
Monster
Crazy
From Paris To Berlin
Who Knew
(Is This The Way To) The World Cup
Is It Any Wonder
3Lions
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
備考









New
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |

BBC Radio 1 UK Chart Indie












順位
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
アーティスト
Embrace
Morrissey
Trinidad & Tobago Tartan Army
Stan Boardman
Tony Christie
Oakenfold Ft Brittany Murphy
Crazy Frog
Signal 1 & Signal 2
Infadels
Loleatta Holloway
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
タイトル
World At Your Feet
The Youngest Was The Most Loved
Scotland Scotland Jason Scotland
Stan’s World Cup Song
(Is This The Way To) The World Cup
Faster Kill Pussycat
We Are The Champions
(Ding A Dang Dong)
Standing Together
Love Like Semtex
Love Sensation ’06
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
備考
New
New
New



New

New
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |

Post to Twitter

,

No Comments

2006年6月4日付 UKチャート

BBC Radio 1 UK Chart Single











順位
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
アーティスト
Sandi Thom
Gnarls Barkley
Kene
Infernal
Pink
Ronan Keating ‘ Kate Rusby
Oakenfold Ft Brittany Murphy
Nelly Furtado
LL Cool J Ft Jennifer Lopez
Primal Scream
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
タイトル
I Wish I Was A Punk Rocker
Crazy
Is It Any Wonder
From Paris To Berlin
Who Knew
All Over Again
Faster Kill Pussycat
Maneater
Control Myself
Country Girl
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
備考





New

New

 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |

BBC Radio 1 UK Chart Indie











順位
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
アーティスト
Stan Boardman
Oakenfold Ft Brittany Murphy
Tony Christie
Loleatta Holloway
Signal 1 & Signal 2
Gomez
Raconteurs
Andy Bell
Little Man Tate
Young Stanley
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
タイトル
Stan’s World Cup Song
Faster Kill Pussycat
(Is This The Way To) The World Cup
Love Sensation ’06
Standing Together
Girlshapedlovedrug
Steady As She Goes
I’ll Never Fall In Love Again
What What You Got
Sing It For England
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
備考
Re
New
New
New

New

New

New
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |

Post to Twitter

,

No Comments

バイク盗難未遂

 なんかさ、数回に一回超絶的にブチ切れしているけど、俺の精神状態は大丈夫でいらっしゃるでゴザイマスですか?もうさ、いい加減読む気も起きないだろうけど、あえて書くとさ、まぁ、読んどけよ、いいからさ。
 今日はマジでついてなかった。まぁ、そのうち一つは期待の株がスゲェ下落したという程度なんだけどさ。これは予定調和の範囲内というか、明らかに投資ファンドが動いてるから、個人投資家に揺さぶりをかけて低い価格で買い占めようと言う雰囲気があるから良いわけです。この予測がはずれないことを祈るだけだしね・・・。
 問題はバイト先についた時のこと。いつもの駐車しているところに係員がいたから敬遠したのよ。で、もっとバイト先に近いところの停めたわけだ。そしたらさ、駐車監視員とすれ違ったわけ。もうさ、駐禁取られると思うわけじゃん?
 とりあえずバイト先について、やっぱり気になって移動しようと思ったわけ。するとどうだろう、バイクが増えてる。こりゃ余裕だな、と思いつつも、一応確認のためにバイクに近寄ったわけ。するとどうだろう、今停めたようなやつがいて、今から出ようとするやつがいる。よく見ると、俺のバイク。Triumph Daytona 955i。
 もうさ、絶句するでしょ?で、とりあえず俺のバイクに近づくと、そいつが逃げるのよ。で、今停めたようなビッグスクーターのやつの後ろに乗って逃げたわけ。俺さ、何が起こってるかわからなくてさ。鍵を刺しっぱにしたのかと思って驚いたんだけど、よく見ると鍵がない。でも、ライトついてるし。エンジンかけようと思えばすぐにでもかけられる状態だったわけ。
 もうさ、どうしようかと思ったね。一応電源落としたいと思って、鍵入れるんだけどさ、もうボロボロなわけ、中の方が。キーシリンダーが逝かれちゃってる。そこになんとかキーをブッ刺して回すわけだ。途中までしか入らないけど、なんとか反対にひねって電源は落とせた。でも、今度はつかないんだよね。この時ようやく思った。あのヤロウ、ぶっ殺す権利があったら、絶対にぶっ殺す。このK点越えの怒りは無いね。

Read the rest of this entry »

Post to Twitter

,

2 Comments

引っ越しに向けたあれこれ

 昨日は新居を覗いてきました。まぁ、貸した住人が汚い使い方をしてくれたおかげで、結構汚くなってたし。2年も貸せば、こうなるんですかね?あいにくの雨と言うことで、本来見えるはずのサンシャイン60も上の方が雲に隠れる始末。
 あと、目の前にあったはずの病院が無くなったおかげで、前よりスッキリした感じになった。あそこにマンションが建とうモノなら、ちょっとゲンナリしちゃうわけだけど・・・。あと、近所にあったはずの銭湯、ついになくなっていました。なんか、綺麗なマンションが建っていたし。コインランドリーがあるから、当面はお世話になろうと思っていただけに、チト痛い。
 新生活に向けた下調べとして、家電製品も見てきたわけ。冷蔵庫もオーブンレンジも意外と安いのね。洗濯機も見てきた。合計で6万くらいかなぁ?初期投資は大きいものです。あと、カーテンつきの部屋だったのに、カーテン持って行きやがったから、ブラインドも買わないといけないわけで。面倒くさいがな・・・。
 一応月末には引っ越す予定です。リッチとか家が近いと思うので、会いませんか?読んでいたら返事ください。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

6 Comments