Archive for 12月, 2005

飲んだんだか飲まれたんだか

 24日、26日、そして30日の深夜に飲みがあったんですね。これがまた個人的収穫ゼロでして。愛しのあの子は遠いところに座り、他の日は居なかったりでね。まぁ、人生うまく行かないものです。
 で、今日はかわいい系の同い年の子が隣にいて、おじさんの膝で寝ていたんですよ。あんまりかわいいからそのまま持ち帰りたい気持ちだったわけですが、その前に大々的に別の子一筋と発言してしまったために、それは出来ねぇなぁ、と。でもね、本当にかわいいのよ。三井信託銀行に内定しているそうなんで、窓口で会えたりね。
 なんか、それだけを書きたかっただけです。
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments

屯ちんラーメン

 な~んか、無性にまた食べたくなってきましたよ、屯ちんラーメンを。本家はどうやら池袋らしいんですけど、自分が行くのは新宿歌舞伎町店。席はかなり少ない。20席あるのかないのか…。でもって、いつも混んでいるわけで…。でもね、それでも食べたいわけですよ。まぁ、外で待つような閉鎖的な店じゃないのが不幸中の幸いなんですけどね。
 で、営業時間を検索かけると不思議なことに、11:00~23:00とか書いてあるわけですよ。不思議じゃないって?いやいや、前のバイト、1時にやっと閉店で、1時半でカードを切るようなバイトだったんですけど、その後にバイト上での愚痴を言うついでにラーメンを食うと言うことがあったわけですよ。その店こそ他ならぬ屯ちんなわけです。2時くらいも余裕で開いてるんですよ。まったく、営業時間、知らないなら書かないでくださいと思いましたよ。ぶっ殺す。あ、すいません。バイトでちょっとむかついていたので、暴言がでました。
 で、池袋店のデータから推測される情報
屯ちんラーメン 歌舞伎町店
営業時間 11:00~4:00
場所新宿区歌舞伎町1-11-10(クリックするとYahooの地図がでます)
ラーメン(大、中、小) 600円
つけ麺(大、中、小) 600円
トッピング
特入り(ネギ少々、チャーシュー3枚、煮卵2分の1入り) 230円
バター 50円
チャーシュー5枚 250円
味付けネギ 150円
煮玉子、めんま、のり、わかめ、みそ 各100円
ビール500円
 まぁ、万が一にも歌舞伎町に乗り込む機会があったら、お立ち寄りあれ。
 ではでは…。

Post to Twitter

13 Comments

Cybershot DSC-T9をカッチッタ


 いやはや、クリスマス会やら忘年会で気になるあの子を撮るために、ついに買っちゃいましたよ、サイバーショットT9を。どうです?綺麗な写真でしょ?上の写真はαSweet Digitalで撮影したから綺麗なのは当たり前ですがね。
 で、これの販売価格は44,000円前後だという事はすでにこのブログで触れたと思うのですが、2chとかではかなり安く買っている感じだったんですよ。でもヤマダとかコジマとかの広告見ても全然安くないわけで。
 仕方がないので値下げ交渉もかねて、改めてヤマダ電機に見に行ったのですよ。そしたらやっぱり44,800円くらい。そこに15%のポイント付きとか書いてあったんですね。だから、店員さんを捕まえて「ポイント要らないんでどこまで安くなりますか?」と聞いたわけです。電卓をパチパチすること数秒、「36,800円ですね」と言うわけですよ…。この値札は何だったのかと?広告の値段は何だったのかと?まぁ、即買いだったわけですが、他の店でポイント要らないと言ったら、もっと安くなった可能性も否定できませんね。とりあえず、伊東家も必見の裏技ですので皆さんも活用アレ。
 で、ちょっくら撮ってみたんですが、画質はそんなに良くないかも~、と言うのが最初の感想です。ノイズをあまり取ってくれない気がするのですよ。なんか、自分のケータイ(カシオW21CA)の画質傾向に近いというか、何というか。まぁ、W21CAよりは画素数、画質ともに優れているんですけどね。バリバリ加工してくれる初めて買ったデジカメのキャノン IXY Digital 200や、この前買った最終兵器αSweet Digitalに比べたらな~んかイマイチ。
 さて、肝心の動画の方なんですが、意外と良い。そんな感じ。
Yahooのブリーフケースに動画突っ込んでおいたんですけど、見られますか?
 また、このデジカメは小ささが命なんですが、本当に小さい。クレジットカードと同じサイズで厚みはCDケース2枚分よりチョイ薄くらい。重さは意外とずっしり来て、手ぶれ解消に寄与しそうな感じ。そもそも手ぶれ補正が入ってはいるんですけどね、それでも限界がありますから。まぁ、フワフワ浮くようなデジカメなんて無いんですけど、あまり軽すぎるデジカメは手ぶれを生むと言われているので参考あれ。
 さて、24日と26日はどこまで活躍してくれるかな?
 ではでは…。

Post to Twitter

2 Comments

ミッ○ーマウス

 最近マウスの左ボタンが利かなくなってきたんですよ。押しても押されてないことになっちゃうアレです。そろそろ替え時かなぁ、と。
 今使っているマウスはMicrosoft製のIntelliMouse Explorerなんですが、これがまた手になじむわけです。前にも書いたかもしれませんが、自分が使うマウスは少し大きくて少し重い奴がツボなんですね。で、このIntelliMouseはまさにちょうど良い大きさと重さで、手になじむし重量感があるから操作感がある。なんとも素敵なマウスです。
 これ、秋葉とかに行くと3000~4000円でワゴンに山盛りされて売っている、推定するに旧型の奴なんです。マウスに3000~4000円出すなんて変だと思われるかもしれないんですけど、それは常用品にこだわらない人の悪い癖です(笑。毎日使う物が安いと、すぐに壊れるんですよね。それがいやなんですよ。あと、5つボタンチルトホイール付きマウスがやっぱりIEとか使っていると必需品になっているわけで。ほら、一度生活レベルが上がると、、元に戻れないのと同じですよ。
 だから、そろそろしっくり来る新しいマウスが欲しいなぁ、と。そんだけ。
 ではでは…。

Post to Twitter

3 Comments

F1ストーブリーグのお話

 F1もシーズンが終わって久しいですが、相変わらずニュースが多い状況です。中でも一番旬なニュースはフェルナンド・アロンソが2007年からマクラーレン・メルセデスF1チームに移籍するという発表です。優勝後に持ち上げるだけ持ち上げられているように見えたアロンソですが、内情はそんなにいいモノじゃなかったとの噂。
 で、マクラーレンの誰が抜けるのかと言うことが気になる話ですが、どうやらキミ・ライコネンというのが今日のニュースです。非常に残念…。ちなみにその根拠は、フェラーリがキミ・ライコネン獲得に動いているから、と言うもの。アイスマンが情熱の赤をまとうのか?それとも急に陽気なにーちゃんになるのか?はたまた残留か…。
 マクラーレンとフェラーリ関連でもう一つのニュースとしては、現フェラーリスポンサーのボーダフォンがマクラーレンのメインスポンサーになると言うもの。一時はホンダに流れるかと思われていたボーダフォンだったのですがね。となると、マクラーレンは赤く染まることになるのでしょうかねぇ?メルセデスが黒いイメージだからなぁ。
 そうそう、ジョーダンを買収したミッドランドですが、こちらのカラーが白赤黒という感じ。よく考えてみてください。配色次第ではホンダです。白赤が強い場合はトヨタです…。まぁ、エンジンはトヨタなんですがね。黄緑とか誰も使ってない色を使えよ、と言いたいのはわがまま?
 で、いい加減飽きてきたアグリのチームですが、ごねているのはミッドランドとか。なんでも、現状のコンコルド協定ではF1専用輸送機を使えるチームは上位10チーム、と言うのが署名しない理由の一つとか噂されています。どうなるかなぁ…。琢磨はどうでも良いんだけど、相方が気になる。まぁ、旧アロウズと言うことなんで、ホンダエンジンを使っている辺り、気にくわなかったりするんですけどね。やっぱりヤマハか…トヨタでしょ。ホンダべったりのアグリだから無理だけど。
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments

カッチッタ


 グランドセフトオートの最新昨にして話題作の二本をカッチッタ。片方はPC版のサンアンドレアスで、もう一つはPSP版のリバティシティストーリーズ。PC版は修正が入ってしまったアメリカ版ではなく、UK版、つまりイギリス版です。イギリスは自由だなぁ、と思ったら18禁なのね…。PSPはリージョンコードが無いので、フツーに動くとのこと。
 ではでは…。

Post to Twitter

5 Comments

XBOX 360 with HD-DVD来年発売…か?

Xbox360:「HD」規格の次世代DVD採用機発売へ
 えっと…この記事、誤報かもしれないので消される可能性があります。が、毎日MSNなので…どうなんでしょ?と言うわけで、要約を書いておきます。

米Microsoft社は14日、Xbox 360にHD-DVDを搭載した新型を来年に投入する方針を早くも固めた。これは、Sony社のPlaystation3が搭載する予定のBlue-Rey Discに対抗するためと見られている。Microsoft社はかねてからHD-DVDを支持しており、次世代ディスク戦争にまで波及する様相である。

 …。何つーか、暴走してねぇ?(笑。いくら国内販売が6万台そこそこだからって、北米では品切れらしいのに、そのユーザを裏切るのだろうか…。
 ここで思い出されるのがDreamcastなんですよ。と言うのも、当時DVDが次代を担うディスクだと言うことは確定していても、ゲーム機に載せられるほど搭載コストが安くなかったわけですね。で、DCは苦渋の選択として、Yamahaが開発したGD-ROMなるCDを1GBにしたディスクを投入したわけです。結局PS2がディスクのDVDとなり、圧倒的なグラフィックスによって敗れ去ったDCだったりするわけで。記憶が確かなら、ゲームショウとかでDVDユニットなる物が展示されていたっけ…。まぁ、ゲームビジネスで後付けハードが成功した試しはないので、結局出さずに撤退しましたけどね。
 ただ、MSは資金源がWindowsなわけで…。キャッシュフローが巨大企業数社分なわけで…。まさか、ハードをリプレイスしようとは、恐れ入ります。まぁ、何となく第二のAtariショックをうむ可能性を秘めているなぁ、なんて思えなくも無いんですがね…ハハ。ま~ったくMSの奴らは調子の良い事言ってましたよね、思い起こせば。将来はディスクメディアが無くなくなり、オンラインからストリーム配信されるから、HDDを標準搭載したとかほざいてましたよ。
 確かに、Valve社が誇るPCゲーのHalf-Life2は高度なストリーム配信技術Steamによって支えられていますが、正直HL2並みの大作じゃなければ成り立たないビジネスモデルなわけで…。HDDに蓄えるっつったって、360のHDDはたった20GBじゃん…。それに、PCはマゾが多いし、シングルタスクなマシンでもないのでDLしながら他のことをしたり、ワクワク待っていたり出来るけど、ゲーム専用機でプレイするゲームユーザが果たしてその待ち時間を許すのでしょうかね?時期尚早というか、世帯の5割が光になるくらいじゃないと、絵に描いた餅です。
 何つーか、アメリカ的なビジネスというか、ハードの売り方を知らないというか、絶対買い控えが出るって、これが本当だったら。F1のマシンじゃないんだから、早く出せばいいってモンじゃないし。と、買ってもいない者が憤りを覚えましたとさ(チラシの裏)。
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments

Age of Empires III 日本語版

マイクロソフト、歴史RTSシリーズ最新作
WIN「Age of Empires III 日本語版」2006年1月27日発売

 ついに出ますよ!完全日本語版。米国でリリースされてから、約3ヶ月くらいですかね?そう書くとなんだか短いように感じますけど、実際「まだぁ?」という感じなんですよ。
 とりあえず発売日は発表されたわけですが、果たして面白いゲームなのか?いや、普通に面白いんだろうけど、未だにAge of Empires II : Conquer Expansionをサルのように遊んでいたりするので、そのクラスに至るのかどうか?前作が超名作だっただけに、普通の名作では住まされない状況があるのですね。
 これは、Half-Lifeと同2の時と同じ感じです。まぁ、HL2は既存のゲームを一気に古くさせるくらい凄い出来だったんですけど、個人的に。それはグラフィックスという観点から見ても、ゲーム性という観点からも、AIの観点からも、物理演算によるオブジェクトの動きによる観点までに至るんです。たぶん、Xbox 360とかPS3クラスのゲームはこう言うのが最低基準なのかなぁ、と言った感じでしょうか。
 AoE IIIはより踏み込んだ表現力を期待したいですな。まぁ、Xbox 360で出す予定があるんだったら、そこそこのクオリティで良いんですけど、もし出すつもりが無いなら、PCグラフィックスの粋を見せつけて欲しい物。
 ではでは…。

Post to Twitter

1 Comment

ここだけの予想

 まぁ、私のようにXBOX 360が死ぬほど欲しい人にはすぐに思い浮かぶことなんですが、ある予想があります。それは、初代XBOXの時を思い出して下さい。あれだけ大量に出回った初回分は、一体どうなりましたか?確かダイエーで9,800円になった伝説を残していませんでしたっけ?XBOX 360を欲する真の猛者は、今はガマンの時です。ガマンしすぎてやっぱ買わないってのも可、です。むしろ、真の勝ち組な私は買わないと思います。ここだけの話ですが。
 ではでは…。

Post to Twitter

3 Comments

XBOX 360(サンロクマル)…の話ではない、デジカメの話

 Xbox 360が発売されましたよ!と言うことで、早速買って…来るはずもなく、ましてやPS2でセガが社運をかけた臭い「龍が如く」とかも買ってません。ハッハ、本当にシェンムーに似てますな、雰囲気が。
 で、360ですが、これに4万払うなら、コンパクトデジカメ買っちゃうぞコラ!と言うことで、今回はデジカメの話。
 知ってか知らずか知りませんが、実はデジタル一眼レフのコニカミノルタ製α Sweet Digitalなるモノを買ったんですよ、ほぼ出たぐらいの時に。で、ここで何度かアップしている写真はその写真を縮小した奴だったりするんです。でも、綺麗でしょ?実データはもっと綺麗なんです(笑。ただ、3004X2000というサイズで最高画質なため、1ファイル3MB~4MB中盤くらいなんで、このブログにはアップできなかったりするんですね。まぁ、画質落として圧縮かければいけそうですが、勝手に持って行かれるのもしゃくなんで、サイズを2分の1にしていたりするんです。で、下がその例えです。

 ちなみにこれは東京モーターショウで公開された日産GT-Rプロトタイプです。どうです?良く撮れているでしょ?さらにはこちら。

 こちらはLexus Future Sedan Hybridの略だと推測されるLF-Sh。たぶん次のLexus LS(トヨタブランド時代で言うところの、セルシオ)でしょう。綺麗に撮れてるでしょ?
 とまぁ、凄い良いカメラなんですよ。が、一眼レフなんで、クソでかいわけです。あと、これは完全なカメラ専用機な為、動画が撮れたりしないんです。最近では動画ブログとか出来る時代なのに、不便極まりない状態なんですよね、実は。しかも重いし(しつこい)。
 で、毎日持ち歩けて、動画とか撮れちゃうとうれしいじゃないですか?別にコソコソ撮ろうとか思ってる訳じゃないですよ?一応…(笑。奇しくもあまり使ってないYahooオークションのために取ったプレミア会員で、なんと1GBのオンラインストレージが使えると言うじゃないですか。で、一度に20MBまでアップできるそうで、ならばバイクの動画をアップしたいなぁ、と思い立ったわけです。
 と言うわけで、コンパクトデジカメが欲しいなぁ、と。それも、α Sweet Digital購入の決め手となった手ぶれ補正が付いている奴。コンパクトデジカメの中でもかなり薄いこと。画質が一眼に届かないまでも、高いレベルであること。動画がかなりの画質で撮れること。光学ズームがボディーからせり出さないこと、等々、条件を絞っていって、現時点での個人的に理想的なデジカメを探したわけです。
 まず紹介するのは何かとお高くとまるSony。しかしながら、フロッピーデジカメを作っていたくらいデジカメメーカーとしては老舗だったりするので、大事に使ってあげれば高性能で楽しめるかもしれないんですよ。で、注目したモデルは今CMをばんばんやっているCybershot DSC-T9

 最初に出しておいて何ですが、大本命です(笑。先ほどあげた条件は、ほぼこのT9を指しているのですよ、実は。つまり、超薄型コンパクトで、手ぶれ補正が付き、画質もよく、動画が撮れて、光学ズームはせり出さないデジカメなんです。画素数は600万画素なので、実はα Sweet Digitalとおおむね同じ。まぁ、CCDのサイズが全然違うので、性能差は歴然ですが。これが今回の基準です。
 さて、第二の候補はもはやSonyの二番煎じにあらずと言った感じさえあるPanasonic。アユのCMさえなければもうちょっと買いたくなるんですけど…。そんなPanasonicで注目したのはLumix DMC-FX9。まぁ、薄型と言うにはちょっと時代から逆行するわけですが、手ぶれ補正と言えばLumixなのでとりあえず取り上げてみました。

 この機種は動画が強くてApple ComputerのQuickTime Motion JPEG形式で、QuickTimeのみでしか再生できないと言うことを除けば、かなりよい動画フォーマットのようです。まぁ、再エンコードして別のフォーマットにしてしまえば良いんですよ、必要とあらば。いろいろ検索をかけて動画を見てみたのですが、これがかなりよく、正直MPEG1のT9より遙かに綺麗かと思われます。もしくは、画質が同じだとしても、ファイルサイズは段違いかもしれません。どちらにしろ、動画はこっちの方が上手かと。これはかなり点数が高いのです、個人的に。
 で、なぜこの機種を選ばないか?この機種は見てもらうとわかる通り、今となっては薄いとは言い難く、そして何よりズーム時にレンズがそり出す。これがなんとも気にくわない。やはり、超コンパクトで勝負して欲しいんですよ。コンパクト性を突き詰めると内部のレンズによるズームがコンパクトデジカメの現時点での回答だと思うんですよ。それを真っ向から勝負して欲しかった。大メーカーだからこそ、このモデルとは別にそう言うモデルにもチャレンジして欲しいところ。数年前に売ったファンヒーターで右往左往している今だからこそ、踏ん張って欲しいところです(部署が全く違うので、関係ありませんが…)。
 動画が自慢のスリムデジカメと言えば、最近発売されたカシオのEXILIM EX-S600。このデジカメは見ての通り、超薄型と言うところはまさに”キタコレ”といった感じなんですよ。

 さてこの機種の凄いところは動画がMPEG4形式で保存される点にあります。MPEG4とは携帯機器やネット配信をにらんだフォーマットで、有名どころではDivXとか、MicrosoftのWindows Media Videoの最新版などがそれ。最近ではPSPがこれとは別のより進んだ超高画質なMPEG4を採用したりして話題を呼んでいるわけです。何しろこのフォーマットはファイルサイズが非常に小さく、それでいてかなりの高画質という至れり尽くせりのフォーマットなんですよ。強いて悪いところを挙げると、重いと言うことに尽きるんですが、それはもはや昔の話です。
 この機種を見てもらった方はお判りだと思うんですけど、実はこれも不合格。なぜならズームがせり出してしまうんですね、これが。何に変えてもこれだけは譲れなかったりするんです。あと、この機種の写真性能に対する評判がすこぶる悪い。動画は良いけど、写真がダメなんて、カメラじゃなくて、ビデオカメラじゃないですか?実に惜しい。
 そこで思い出すのが一眼レフと同じコニカミノルタ。ここには元祖超薄型ボディにせり出さないズームレンズを採用したDiMAGEシリーズがあるのです。その中でも注目したのがDiMAGE X1

 この機種は今まで紹介した機種が600万画素なのに対して、800万画素のCCDを採用しているのですよ。それはα Sweet Digitalの600万画素より細かいモノであり、詰まるところ3004X2000より大きい絵が得られるのです。しかも、手ぶれ補正機能を搭載しているのです。
 さて、ここまで持ち上げましたよ?お判りですね?これ、動画機能がショボイんです。どれくらいショボイかというと、偉くショボイんです。サンプル動画がコニカミノルタのサイトにあるんですが、これがすでに終わってるというか…。しかも、今まで挙げた機種は秒間30コマで記録できるわけですが(中には60コマも…)、これは驚愕の秒間20コマ。な~んか不自然というか、動画は考えられていないようです。これじゃあ、あまり期待できませんな。
 他にも富士フイルムのFinePix Z2とかPENTAX Optio S6とかあったんですけど、前者はサンプル画像のノイズ感がどうも気に入らなくて、後者はズームがやはりせり出す、と…。まぁ、結論から言ってCybershot DSC-T9が一番欲しいかなぁ、な~んてね。あ、別に今すぐ買いませんよ?まぁ、買える気がしているから怖いんですけどね。だってさぁ、給料11万で14万も預金があれば、そう思うでしょ?まぁ、ローンに消えるのが約半分なんですけどね。ま、いっか。

↑FinPix Z2

↑Optio S6
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments