Archive for 4月, 2005

真面目なのに笑っちゃうヘルメット

 MotoGPライダーの我らが中野真矢ですが、彼のレース中の写真は意外と笑えます。何が笑えるって、あんだけかっこよく走っているのに、ヘルメットの巨大な目玉が可愛すぎるのです(笑。
 http://www.khi.co.jp/mcycle/msinfo/race_result/motogp/05race02.html
 右側から写すとモロカメラ目線なワケです。で、欲しいヘルメットはこれなんですけどね(笑。これのオレンジが欲しかったのですが、在庫がないようなので緑にしちゃおうかなぁ、と。
 そんなこんなでMotoGP第3戦、上海GPは明日やります。日テレのスケジュールは…7日土曜日ですのでしばらくお待ちください。抗議は日テレまで(笑。日テレのCSチャンネルであるG+(ジータス)では今日の予選と明日の決勝を放映するそうなので、興味がある方は是非。
 ではでは…。

Post to Twitter

4 Comments

今日のテレビ

 朝まで生テレビを真に受けて見ない方が良いな、と思った…。なんか、書いたことには後悔してないんだけど、一個前のブログ、なんかヤバイね。逝っちゃってる。眠いとあんな書き方にしかならないのかなぁ?
 で、今日はインディーやってたからちょっと見たんですけど、レースが初っぱなから何回も止まるから、寝ちゃいました。そしたら夢の中でテレビの音が重なるわけですね。夢の中でレース終盤にもかかわらず、客があまりのイエローフラッグの多さに帰っちゃってるの(笑。で、誰も居ないところで実況が「あと数周です」とか言ってるわけです。目が覚めたら意外と盛り上がっているようで(笑。
 インディーは実際問題熱いレースなのかもしれないけど、なんかイマイチ伝わってこないんだよなぁ…。まぁ、実物見てないからなんだろうけど、テレビから伝わってこないのもアレでしょ?
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments

朝まで生テレビを見たので…。

 おじさんは頭が非常に悪いので、平たく書きます。小林よしのりは死んだ方が良いな。あいつはキチガイだ。発言もキモいし、やばいな。こういうゴミが増えると、日本が軍国主義だと紹介されていくのだろうと思う。良いエサだよ、ホント。中国のイメージが欧州で落ちてると言っていたけど、日本のイメージを落としているのはご本人様だと気が付いているのか否か。
 山本一太も大嫌いなんですよ。話をすり替えるから。自分が良いように話をねじ曲げるプロだ。流石政治家。いや、三流政治家。ハマコー大先生に鉄拳制裁してもらいたいところ。
 で、内容なんですが、相変わらずまとまらない。田原のアホもまとめる気がない。姜 尚中(カン・サンジュン)氏が話そうとしているのに、数字にこだわるどっかのジジイ(山本一太の横に座っているハゲ)はでしゃばるし、ウザイ。日本にいる中国人は日本に友好的であるから中国の一般論ではない。
 靖国問題を都合よく持ち出す中国に対して、日本は「何が?」という姿勢を貫けばいいと思うのですよ。A級戦犯だけが悪いとする東京裁判の是非は、靖国参拝の是非と同じで堂々巡りです。嘘でもそれが正義だと片づけられた物です。それは変えようがない。ただ、他人の心や他国の感情に難癖付けるのは共産圏ならではだなぁ、と。今のは皮肉としても、中韓の感情論だけで国内のことに口出ししてくれるなと思った。
 勝ち負けだけで正義が決まるのか?と。負けた上に連合国軍が勝ったがために独立を勝ち取った両国は何かを勘違いしている。日本が何もしなくてよかったかと言うこともあるし、そんなことを考える気が毛頭無いという態度にもある。占領政策とそれに伴って流れた血は確かに忌むべき存在ではある。ただ、それを放置してアジアの主権が今のようにあったのだろうかと言うことを考えもしない。まぁ、これも堂々巡りなのだけれども…。
 小林よしのりじゃないけど、もっと史実、とりわけ近代史を教科書に載せて教えるべきだと思う。意見が分かれる場合はその経緯も教える必要がある。増えたであろう道徳の時間を近代史にしても良いくらい。朝まで生テレビの視聴者の意見にはため息が出た。おじさんと同じ21才の意見として、「政治家が靖国参拝を止めるべき」という意見があった。この人がどの程度の知識を有しているかは知らないけど、何を持って止めるべきなのだろうか?
 少なくとも対中関係に於いて靖国参拝を否定される筋合いはない。中国が謝罪を求めるならば、日本にも謝罪をするべき。それは通州事変があるから。南京(大?)虐殺で散々謝ってきたのに、通州事変で死体を引きずったり、女という女を強姦して虐殺したり、頭だけを切りつなげ木にぶら下げたりしたことを何故謝罪しないのか。アレはなかったと一点張りじゃないか。南京は誇張するくせに、虫が良いにもほどがある。中国の政治戦略を日本人は警戒した方が良い。
 あと、社民党の福島さんは終わっているけど(社民党自体が終わっている)、田原の意見も終わっている。思想の自由を保障しているはずの日本に於いて、「日本の平和のために犠牲になった人にお参りに行かなくて良いのか?」と言った。こいつは本当に感情でしか物を言わない。どれくらいかというと、おじさんよりよっぽど感情論が強すぎる。あと、福島さんは終わってる。何が「宗教に関係しない慰霊祭」だ。中途半端じゃないか。それをやったところで、靖国参拝がダメという理由にはならないじゃないか。
 この人はたぶん憲法改正にも反対なんだと思うわけだけど、時代に追いついている憲法であると本気で考えているのだろうか?こいつら、議席落とすよ、次の選挙も。文句だけしか言わない、生産性の無い党だ。ビジョンがない。意見はひたすら保守。保守を保ったから国が悪くなっているのに、未だに気が付かない。
 てか、姜 尚中氏の独演会を聞きたい。竹島問題を特に聞きたい。彼の言っていることの多くを肯定するわけにはいかないけど、やっぱり聞きたい。あと、タカ派である櫻井よしこさんとの対談もみたいと思った。
 ちなみに、前回櫻井よしこさんを取り扱ったときに姜 尚中氏を勘違いして別の人の名前で書いてしまったのですよ。尊敬しているのはこの二人ですのでここで訂正しておきます。その記述は修正しましたので、あしからず。
 いつも通り、推敲してません、ごめんなさい。そしてオヤスミ。
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments

ソードフィッシュ

 ジョン・トラボルタに敵役をやらせたら天下一品ですな!あんなダンディーな悪になりたい(笑。アゴの割れ具合と言い、それに沿って生えているヒゲと言い、カッコイイ。
 この映画の出来はさておき、車もかっこよかった!イギリスはTVRのタスカン・スピード6。2シーターのスポーツカーです。カッコイイ。
 映画の内容はさておき、ハル・ベリーは超セクシー。服装もエロけりゃ、下着姿もエロい。
 で、映画の内容なんですけど、良くできている割に、萎える部分が多いのですけど…。例えば、フィンランドのハッカーの名前がトーバルズ。ちなみにここで言うハッカーはつまるところクラッカーの意味で、好意的なハッカーではありません。そして実在のフィンランド人のハッカーであり、Linuxを生み出した天才の名はリーナス・トーバルズ氏です。
 あと、散々主張しているのに一切直らない映画に出てくるコンピュータなんですが、今回もやってくれました。なんか、ディスプレイ上にブロックがたくさん並んでて、それが組み合わされば暗号が解けるそうです。何ビットだか忘れましたが、1024ビット当たりでしょうか?そんなものをイチイチ視覚化する暇があるなら、さっさと暗号を解けよ、と。てか、その暗号を解くこと自体が妙に早かったりで…なんかやるせないです。
 部分的には現実より遙かにハイテクだったりするのに、やってることはかなりローテクでうんざりします。
 まぁ、知らなきゃ面白い映画なのかもしれませんが、出演者の格好良さ以外、見るべきところがないのは残念でした。もうね、ハッカー系の胡散臭い映画はいりませんから。冒頭で映画批判をトラボルタに言わせておきながら、それ以下の映画に成り下がっているのは痛すぎですから。
 とは言え、トラボルタのカリスマは本当だと思わせてくれる作品でした。余談ですが、トラボルタと鹿賀丈史って似てませんか?
 ではでは…。

ソードフィッシュ [Blu-ray]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ( 2010-04-21 )

定価:¥ 2,500 ( 中古価格 ¥ 880 より )

Amazon価格:¥ 1,391

時間:99 分

1 枚組 ( Blu-ray )


Post to Twitter

, ,

2 Comments

Blata WCMとProton Team KR

 不思議なモノで、最近F1よりもMotoGPに強い興味を持っているのです。で、もっと不思議なことに、Kawasakiと中野真矢以外に応援したくなるチームが出来てしまったのです。その名も、Blata(ブラータ)のマシンで最下位を争うBlata WCM(前Harris WCM)と、Proton Team KR(プロトン・チームKR)のマシンで同じく最下位を争うチーム・ロバーツです。
 なんかですねぇ、公式サイトが意外としっかり作られているのですよ。いや、手抜きはあるんですけど、曲がりなりにも広報活動をしっかりしているチームは応援したくなると言うか、何というか。いや、ただプレスリリースが読めて、マシンスペックが書いてあって、壁紙がダウンロードできるだけなんですけどね。
 で、せっかくなんでBlataから紹介しましょう。Blataはチェコのミニバイクとスクーターを開発する会社らしいです。1980年代終わり頃にPavel Blata氏が創業し、以来急成長を遂げている会社っぽいです。
 ここで言うミニバイクとスクーターは皆さんが考えているモノよりも小さいです(笑。ただ、出来は普通そうなので、日本の公道で走ることが出来るなら、値段次第で欲しくなっちゃうかも。まぁ、無理っぽいけど。このミニバイクは日本で言うところのポケバイというジャンルでしょうね。ほら、小学生とかが乗るヤツ(もっと低学年?)。写真で見る限りは普通のバイクに見えるモノの、実際は25インチのテレビくらいの大きさのようです。スクーターはキックボードがエンジンで動く程度のチョイノリより手軽な乗り物みたいかな?
 このBlataのマシンを使用するWCMは前年まではどうやらYamaha製のマシンを改造して参戦していたらしいのですが、今期からはBlata製のMotoGP初のV6エンジンで挑む…予定でした。遅れに遅れて、Blataにとって母国グランプリになる第11戦チェコGP(現地開催8月28日)でお披露目予定です。それまでYamahaの市販スーパーバイクのYZF-R1のエンジンを改造して特別に参加します(本来なら市販エンジンは無効)。MotoGPのテクニカル・レギュレーション上、6気筒マシンであるために最低重量が4~5気筒より重いわけですが、それをはねのけるだけのスペックを有するのか?楽しみです。
 チームは老舗チームのWCM(World Championship Motorsports)です。去年まではHarris WCMとして活躍していましたが、メインスポンサーがBlataになったので、Blata WCMが正式名称になるそうです。
 さて、次に注目なのがチーム・ロバーツです。Proton Team KRと言う名義で車体供給メーカーに名前が出ていますが、実際は同じです。ちなみに、KRとはケニー・ロバーツのことです。MotoGPのファンか、又はSuzukiのファンであるならば知っているかもしれませんが、チーム・スズキ・モトGPのライダーであるケニー・ロバーツがその息子です。この前までこっちがケニー・ロバーツJr.と名乗っていましたが、この度正式にケニー・ロバーツになり、親父さんはケニー・ロバーツSr.(シニア)になりました。海の向こうの名前事情も難しいですな(同じ名前を付けなきゃ良いのに…)。
 で、マシンですが、今年はヨーロッパはオーストリアのモーターサイクルメーカーであるKTMがエンジンを供給しました。最近頭角を現したKTMだけに、これを次のステップへの足がかりにしてもらいたいところ。ちなみに、エンジン形式はHondaと同じV5エンジンです。まぁ、トラブル続きですが…。
 とまぁ、なんか頼りないチームですが、マシンの方向性さえ定まって、開発が始まれば、勝利をつかむことだって夢じゃないはずです。いや、そう信じたい。そうじゃなきゃ、F1と同じになっちゃうわけで…。盛り上げるためには、こういうチームが勝たなきゃいけないのですよ。おいらは根気よく待ってるから、マシンを完成させてくれい!
 ではでは…。

Post to Twitter

2 Comments

情けねぇ

 ざまぁ見ろ、そう思われるかもしれません。ただ、コチトラ結構切ない思いをしたと言うことだけは書きたい。
 3限終了後、帰ったわけですが、鬼のような雨。「アレ?どっかで読んだよな?」と思ったあなた。使徒サマのブログではありません。おじさんのブログです。彼のように順風満帆に生きていないのです。壮絶な雨の中、雨具無しでバイクで家に帰りました。水も滴るどころか、ジーパンとジージャンに水がしみこんでどうしようもないダメ男、ここにありと言うことです。
 寒かったぁ…。結構寒いのですね、春なのに、雨になると。もっと寒い話として、家に近づくと、小雨になっていました。電車でバイトに行ったのですが、着いたらやんでいました。帰りも当然止んでいました。
 で、話変わるんですけど、数少ないおじさんが好む日本の音楽のうち、とんねるずが好きだという痛い人間です。医者に診てもらった方が良いのですが、それは良いとして、「情けねぇ」という歌がありまして、アレ、結構好きなわけですよ。雨の中、バイクでぶっ飛ばしながら熱唱ですよ。
 『な~さけねぇ~~♪しょっぱい血を流しぃ~~~ウォウォウウォウウォ~♪今振り上げたこ~ぶしは~~、芝居染み~たせ~いぎさぁ~♪この世のすべて~は~、パロディーなのか~~~?ウォウウォウウォ、ウォ、ウォ、この国を~♪ウォウウォウウォ、ウォ、ウォ、おちょくるなよ~♪』
 ちなみに、貴明の歌い方だと「しょっぱい血をなぐゎすうぃ~」となります。憲武の「ウォウウォウウォ、ウォ、ウォ」の高音でのハモりはツボです。
 ではでは…。

Post to Twitter

4 Comments

Formula 1 '05 第4戦 サンマリノGP

 熱い。非常に熱い。めちゃんこ熱い。正直、アロンソ/Renaultがあそこまで強いとは思わなかった…。そして、何より恐ろしいのは”赤い皇帝”ミハエル・シューマッハその人だろう。第2予選でまさかのコースアウトで13位スタートながら、結果1位と僅差で2位という恐怖の追い上げ。速い!とてつもなく速い!でも、アロンソも良く押さえた!全く隙がなかった。隙がなければ、ごく僅かなスペック差は意味を成さない。まさにそんな感じ。
 とまぁ、見終わった直後の感想です。ちょっと冷ましましょう。McLarenのタコがギヤボックスさえしっかりこしらえておけば、ライコネンに対し、M・シューマッハを持ってしても勝てなかったのではないか、と。事実、序盤におけるライコネンとアロンソの差はかなりあったわけで。マジでライコネンがかわいそうだから…。
 で、Toyotaですが、やっちゃってくれますね。某巨大掲示板では袋だたきにあっていることでしょう(汗。なんか、Sauber-Petronasのジャック・ヴィルヌーヴに抜かれてるし…。ちょいとお粗末なのでは?ガイスコインの専門である空力パッケージがちょいと強すぎたのでしょうか?なんか、遅くて詰まっている感じだったし。琢磨にも負けてるし…。散々じゃん。今期で本当に撤退しちゃうんじゃ…?がんばってくださいよ…。
 あまり目立たなかったけど、ついにHondaの本領発揮と言ったところ。新パーツてんこ盛りだったことでしょう。ただ、まだ足りない。RenaultとFerrariとMcLaren-Mercedesをフェアに闘って抜くにはまだ遅い。でも、バトンは確実に速い!今更語ることでもないけれど、上位陣はどのドライバーも凄い。世界最高峰のレースにふさわしい腕ですな。
 次戦は5月8日スペインGPでカタルニア・サーキットで行われます。GW最後にまた熱い戦いが待っていますねぇ!
 ではでは…。

レースリザルト
順位 (ポイント) グリッド -No.- パイロット – チーム

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
(10)
(8)
(6)
(5)
(4)
(3)
(2)
(1)
2
13
3
7
6
11
5
10
8
4
15
18
14
16
17
-5-
-1-
-3-
-10-
-4-
-11-
-16-
-17-
-8-
-7-
-15-
-12-
-14-
-19-
-18-
フェルナンド・アロンソ
ミハエル・シューマッハ
ジェンソン・バトン
アレクサンダー・ブルツ
佐藤琢磨
ジャック・ヴィルヌーヴ
ヤルノ・トゥルーリ
ラルフ・シューマッハ
ニック・ハイドフェルド
マーク・ウェーバー
ヴァレンティーノ・リウッツィ
フェリペ・マッサ
デビッド・クルサード
ナレイン・カーティケヤン
ティアゴ・モンテイロ
Renault
Ferrari
B.A.R.-Honda
McLaren-Mercedes
B.A.R.-Honda
Sauber-Petronas
Toyota
Toyota
Williams-BMW
Williams-BMW
Red Bull Racing
Sauber-Petronas
Red Bull Racing
Jordan-Toyota
Jordan-Toyota
リタイア

20
9
1
19
12
-21-
-2-
-9-
-20-
-6-
クリスチャン・アルバース
ルーベンス・バリチェロ
キミ・ライコネン
パトリック・フリーザッハー
ジャンカレド・フィジケラ
Minardi-Cosworth
Ferrari
McLaren-Mercedes
Minardi-Cosworth
Renault

Post to Twitter

6 Comments

MotoGP '05 第2戦 ポルトガルGP

なんだか危なっかしい第2戦でしたねぇ。ただでさえ走りにくいと言っているポルトガルのエストリル・サーキット。なんか後半からは雨なんか降っちゃって、前回屈辱の2位と今回の転倒でジベルノーにとっては不運続きというか、何というか…。
ロッシにしては今回の2位という結果は決して良い結果ではなかったでしょう。それは表彰台の上であまり浮かないロッシの表情からも察することが出来たかと。このサーキットは基本的に難しいのでしょうね、きっと。ただ、早くはなくても要所要所は流石ロッシという場面が多かったですね。正直、あのスピードで雨が降って、ケツを振ったら普通は落ちます。えらい。
にしても、玉田の転倒による欠場は痛かった。コニカ・ミノルタ・ホンダに明日はあるのだろうか?今年はダメなのだろうか?
あと、中野も振るわないし、相方のホフマンは負傷中でポイントを稼げないし、カワサキももうちょっとがんばって欲しいところ。相方がいないなら、マシンを良くして中野をプッシュするまでです!
スズキに至っては、やる気があるのだろうか?去年までのトヨタF1を彷彿とさせる気も…。いや、そもそも金をかけてないのか?どうでも良い憶測だけど、GSX-R1000が売れれば良いのではないだろうか?ファンは買いましょう。そしてチーム・スズキ・モトGPを強くしてあげましょう(笑。あ、そうだ。モリワキとヨシムラに全部任せるという手もアリかも。モリワキだってプライベーターとして出ている限りは(オマケにスポット参戦では)勝つことも難しいでしょう。これはまじめに考えた方が良いかも。
プロトンKRは今回やっとこさえたオーストリアのモーターサイクルメーカーKTM製V4エンジンを搭載するも、最初からピットに直行してたし…。弱小メーカーの受難はF1同様続くのでしょうか?レッド・ブルの資本力を持ってして、MotoGPクラスに参戦するか、プロトンKRのメインスポンサーになってあげてください。それなら強くなりそうな気がするので…。ブラータWCMでも良いですよ…。
ではでは…。

レースリザルト
Pos. Point Car No. Rider Team Constructer
1 25 4 アレックス・バロス Camel Honda Honda
2 20 46 ヴァレンティーノ・ロッシ Gauloises Yamaha Team Yamaha
3 16 3 マックス・ビアッジ Repsol Honda Team Honda
4 13 33 マルコ・メランドリ Mobistar Honda MotoGP Honda
5 11 7 カルロス・チェカ Ducati Marlboro Team Ducati
6 10 5 コリン・エドワーズ Gauloises Yamaha Team Yamaha
7 9 69 ニッキー・ヘイデン Repsol Honda Team Honda
8 8 56 中野 真矢 Kawasaki Racing Team Kawasaki
9 7 65 ロリス・カピロッシ Ducati Marlboro Team Ducati
10 6 11 ルーベン・チェウス Fortuna Yamaha Team Yamaha
11 5 12 トロイ・ベイリス Camel Honda Honda
12 4 10 ケニー・ロバーツ Team Suzuki MotoGP Suzuki
13 3 44 ロバート・ロルフォ d’Antin MotoGP – Pramac Ducati
14 2 24 トニー・エリアス Fortuna Yamaha Team Yamaha
15 1 77 ジェームス・エリソン Blata WCM Blata
16 67 シェーン・バイン Team Roberts Proton KR
リタイア
15 セテ・ジベルノー Mobistar Honda MotoGP Honda
21 ジョン・ホプキンス Team Suzuki MotoGP Suzuki
27 フランコ・バッタイニ Blata WCM Blata
ワールド・チャンピオンシップ
Pos. Rider Country Points SPA POR
1 ヴァレンティーノ・ロッシ ITA 45 25 20
2 アレックス・バロス BRA 38 13 25
3 マルコ・メランドリ ITA 29 16 13
4 マックス・ビアッジ ITA 25 9 16
5 セテ・ジベルノー SPA 20 20
6 中野 真矢 JPN 19 11 8
7 カルロス・チェカ SPA 17 6 11
8 コリン・エドワーズ USA 17 7 10
9 トロイ・ベイリス AUS 15 10 5
10 ロリス・カピロッシ ITA 10 3 7
11 ニッキー・ヘイデン USA 9 9
12 玉田 誠 JPN 8 8
13 ルーベン・チェウス SPA 6 6
14 トニー・エリアス SPA 6 4 2
15 アレックス・ホフマン GER 5 5
16 ケニー・ロバーツ USA 4 4
17 ロバート・ロルフォ ITA 4 1 3
18 ジョン・ホプキンス USA 3 3
19 ジェームス・エリソン GBR 1 1
コンストラクターズ
Pos. Constructer Points SPA POR
1 Honda 45 20 25
2 Yamaha 45 25 20
3 Kawasaki 19 11 8
4 Ducati 17 6 11
5 Suzuki 6 2 4
6 Blata 1 1
チーム
Pos. Team Points SPA POR
1 Gauloises Yamaha Team 62 32 30
2 Camel Honda 53 23 30
3 Mobistar Honda MotoGP 49 36 13
4 Repsol Honda Team 34 9 25
5 Ducati Marlboro Team 27 9 18
6 Kawasaki Racing Team 24 16 8
7 Fortuna Yamaha Team 12 4 8
8 Konika Minolta Honda 8 8
9 Team Suzuki MotoGP 6 2 4
10 d’Antin MotoGP-Pramac 4 1 3
11 Blata WCM 1 1

Post to Twitter

,

5 Comments

The Sims 2がPSPで遊べたり

続報!!PSP版 『The Sims2 』
 正直、PSPではアクションゲームよりシミュレーションゲームが出て欲しいと思っていたのですが、まさかThe Sims 2まで出るらしいです。これも買いましょう。>まっさん
 ではでは…。

Post to Twitter

, ,

2 Comments

HTMLについて

 いやはや、Internet Explorerだけがインターネットブラウザだったらどんなに楽なことか。IEは作り手に結構優しいのですよ。ちょっと無茶してもその通りレイアウトしてくれるから。
 でもね、MozillaとかFirefoxとか、OperaとかSafariとかがシェアを伸ばしてくると、いよいよそっちを加味したデザインにしなきゃいけないわけですよ。で、Mozila/Firefoxはかなりのユーザがいるので、それをどうにかしなくてはいけない。
 問題はMozila/FirefoxがWeb標準という誰一人として守っていない標準をかなり厳密に守っているようで、IEとの表示に若干差が出るケースもあることです。さらに、レイアウト関連に「これってバグじゃないの?」と思うような仕様をちょくちょく目にします。
 例えばこの間なんて、

で黒い縁でウィンドウを囲ったところ、このままだったら普通に表示されるわけですよ。
タイトル
○月×日□曜日
本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文
本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2
タイトル
○月×日□曜日
本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文本文
本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2本文2

 何というか、IEでもMozila/Firefoxでも表示がおかしくなるので、おじさんの解釈がおかしいのかもしれません…。とまぁ、こんな感じでいじっているのですよ。
 ではでは…。

Post to Twitter

,

No Comments