Archive for category Uncategorized

フルスペックハイビジョンのお話

 いま、液晶テレビが値下がりしてるじゃないですか。あれはあれでいいんですけど、フルスペックハイビジョンになると、40万円オーバーが当たり前・・・。で、フルスペックハイビジョンと普通のハイビジョン、何が違うか知っている人が少ない気もする。そんなご時世にPS3を出すSonyはどうするんだろうかね?
 そこで、ここで一つ、簡単に解説しようかと。よく720pとか1080iとか言う表示を目にすることがあると思うんだけど、これがすごく重要だったりする。この720という数字は画面の細かさなんですよ。正確に書くと1280×720ドットという感じ。1080は1920×1080ドット。一般的な液晶テレビは1366×768。1080iの映像は潰されて表示されるというわけです。ちなみに、普通のテレビは640×480ドット。
 また、最後につくiとかpは映像の出る方式の違い。iはインターレースの略で、普通のテレビってすごく性能が低いわけですよ、半世紀も引っ張った規格なんで。だから、640×480ドットを秒間約60フレームで出すには無理があったわけです。それを補完するために、1ライン飛ばしで1フレームを構成するという方法をとっているんです。つまり、1フレーム当り320×240ドット程度の描画で済むわけです。2フレームかけて1枚の絵を完成させるため、1秒当りのフレーム数は実質的に30フレームということにもなります。人間の目にはこの程度のズレは丁度よく見えるようにできているので、問題なく見られたんですね。
 とは言え、インターレースにも弱点があって、文字とかを表示すると潰れちゃうんですよ。ゲームとかやっててそう思いませんでしたか?それを解決するために考案されたのが480pという規格。pはプログレッシブスキャンの略で、640×480ドットを1フレームで描画するため、秒間約60フレームを達成できるわけです。現代のテレビなら、その程度の描画は容易いので、問題にはならないんです。ただ、その映像を実現するには32ビットゲーム機まで待たないとダメだったわけですね。
 ただ、PS2以降になると、描画性能だけを取るとPC並みになったので、テレビじゃ事足りなくなってきました。で、デジタル放送に絡めて米国で720p、日本で1080iが規格化されたのをきっかけに、まず手始めに720pをサポートするソフトが出てきた、と。
 詰まるところ、普通のテレビでPS3とかXbox 360のゲームをするのは非常に勿体ない。Xbox 360のスペックだと720pが余裕で出せるわけで、少なくとも液晶テレビが必要となる。で、もっとたちが悪いのはPS3で、1080pが出力可能。フルスペックハイビジョンなら1080iまでなら映せるわけだけど、1080pは事実上、PS3のために作られたようなフォーマットでして・・・。
 現在フルスペックハイビジョン液晶テレビは日本の大手メーカー製で40万円以降。韓国製パネル当りを使った中小企業の地デジ比対応のフルスペックハイビジョン液晶テレビは20万円弱で売られているのが現状です。PS3を100%楽しむとなると、最低でもPS3+20万の出費を覚悟しないといけないのですよ。まぁ、間取って普通の液晶テレビを買うって手もあるんですけどね。
 まぁ、今からテレビを買う人は、その辺りを考慮に入れて欲しい物です。でないと、将来的に切ない思いをすると思うので・・・。安い買い物じゃないのでね、しっかり選んでください。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

, ,

2 Comments

UKチャートについて

 アーティストのレビューなどを入れたりすると更新が遅れるので、今度からとりあえずチャートだけアップロードして、追々PVなどの紹介を加筆する形にしました。あと、わざと1週ずらしてアップロードすることにしました。だって、BBC Radio 1の公式サイトで最新のは見られるわけで。
 まぁ、そんな感じです。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

,

No Comments

山本圭一

yamamoto_keiichi.jpg
山本圭一

極楽とんぼ:未成年者と飲酒、山本さんが契約解除に

 吉本興業は18日、お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一さん(38)が未成年者と飲酒やみだらな行為をしたとして、専属契約を解除したと発表した。
 吉本興業は「捜査への支障、関係者のプライバシー侵害の恐れがある」として事実関係の詳細を明らかにしていない。
 89年に加藤浩次さんとコンビを組みデビューし、テレビなどで人気者だった。
毎日新聞 2006年7月18日 23時22分 (最終更新時間 7月18日 23時27分)

 テラワロスw
 ノック、田代に続いたかw
 ではでは・・・。

Post to Twitter

2 Comments

ロケーションフリー

 意外に思われるかもしれないけど、荷物はほとんど運び終わっているのに、新居に住んでないんだよね。理由は冷蔵庫がまだだからなんだけどさ。あと、ネットとかも繋げてないし。
 で、実家の自室にあった25インチのテレビも向こうに持って行っちゃったから、家に帰っても寂しい。テレビがついていないと落ち着かない。だって、オイラ、テレビから生まれてきたんですもの。テレビを全く見ない、もしくは付けない友人が多いから、奇異に感じられるかもしれない。でも個人的には、見てもいないテレビこそ、一番面白い番組だったりするかも。我慢できずにデジカメの液晶程度しかない携帯テレビで見て(流して)いるわけ。
 そんなとき思うのは、ロケーションフリーと言うテレビを有線LANか、ベースステーションに内蔵されているWi-Fiによる無線LANで送れるやつが欲しいなぁ、と。いや、すぐに越すからいらないんですけどね。PSPのファームウェアバージョンアップでロケーションフリープレイヤ機能が追加されたからには、使ってみたいと思うのがオイラの心情。PSPだったらACアダプタに繋げば半永久なわけ。PCにも飛ばせるから、本当に便利。まぁ、テレビがない場合のみ、言えることなわけだけれども。
 ちなみに、何故テレビを流す習慣が付いているかというと、うちの家族がそう言う生き方を好んでいるから。茶の間、父親の書斎、母親の部屋、そしてついこの間までオイラの部屋にも置いてあった。それくらいテレビを愛しているんだろうね。
 にしても、テレビがない部屋はクソなだぁ・・・。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

No Comments

アハ体験とは?

 前に茂木健一郎さんと言うソニーの研究所所属の脳科学者を紹介したはず。彼が今しきりに普及させようとしている「アハ体験」。これ、一体どういう意味なのかなぁ?と思ったら、今日のニュースで知った。
 アハとは英語圏の人が、理解した時に発するAh ha(アァハ)と言う言葉から来ているらしい。正確にはアハではなくアァハ、なわけ。
 語源はさておき、ではどういうことがアハ体験なのかというと、ある問題が出されて、その問題を解決し、理解した時のことを指すそうな。
 茂木さん曰く、ものを思い出す時もその分、脳が活性化されているらしい。で、思い出した瞬間、脳の全体に電気信号が走る。そうすることによって、脳がさらに活性化されていく。この瞬間こそがアハ体験の実体なのでしょう。
 長生きの秘訣は一度忘れたことは追求しない、などと言う話を聞いたことがあるけど、これは脳的にはNGなわけか。よし、忘れたら、とことん考えよう。あと、オイラって本当に乗せられやすいタイプだな(笑。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

6 Comments

宮崎あおいと榮倉奈々

 毎回突然ですが、宮崎あおいと榮倉奈々って、メッチャ似てませんか?いや、だからどうしたと言われればそれまでなんですが。

miyazaki_aoi01.jpg eikura_nana01.jpg
左:宮崎あおい 右:榮倉奈々

 危険なアネキと言うドラマの再放送を見ていてそう思っただけです。てか、このドラマつまら・・・。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

4 Comments

業務連絡

 MoonDarkだかたぬきだかわからないやつへ。
 ずいぶん前に貸したRadeonって、まだ貸してたっけ?あと、まだ持ってる?もし使ってなかったら、返して欲しいかも。もちろんこっちから取りに行くけど。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

5 Comments

ファンファン大佐よ、永遠に

 俳優で元ファンファン大佐の岡田真澄さんが亡くなった・・・。ノリダー、よく見てたなぁ・・・。サルヂエも夜中の時は結構見てたなぁ・・・。なんか、時代を感じる今日この頃。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

No Comments

大画面でGO

 金がないのに、大画面液晶テレビがほしくてたまらない。だって、オイラ、テレビから生まれてきたんだもの。
 あと、PS3とか出るでしょ?あれさ、もう過剰なスペックだから、1080p(1920×1080ドット、プログレッシブスキャン)なんて言う途方もないスペックを2画面出せるわけだ・・・。PS4がその5~6年後となるから、そこまでヘタらないスペックと言うことらしいんだけど、手持ちのテレビがもたねぇ~ってなかんじじゃない?
 だから、フルスペック・ハイ・ディフィニション・テレビがほしいなぁ、なんてね。ちなみに、オイラの部屋のテレビ、20インチのブラウン管(笑。フルスペックとは言わないよ、もう。でもさ、普通のハイビジョンテレビはほしいかなぁ、と。てか、妥協すれば意外と安いんですよ。まぁ、それを今の財布を勘定に入れて安いかどうかは別として(苦笑。
 例えば、ヤマダ電機の広告とか見てて、32インチとか20万円くらいするんじゃないかな?でも、非国産のパネルを使用した、それでいて一流メーカーから出ていないテレビは本当に安い。例えばバイ・デザインとかユニデンとかクイックサン。ここの32インチは大体12万くらい。やっぱ安い。実は、パネルがでかくなればなるほど、これ以上に安くなるわけ。まぁ、安かろう悪かろうなのはその通りなんだけど、繋ぎのテレビとしては良くない?
 で、そうなるともっと背伸びしたくなっちゃうのが世の常。てか、妄想なんだから自由でしょ、と言う話。37インチのフルHDにしちゃえ、と(想像上で)。クイックサンの37インチフルHD液晶QLA-3701Vは税込価格189,800円。これがどれだけ安いかというと、絶好調のSHARP亀山工場(三重県)製37インチフルHD液晶は275,000円!・・・今「価格.com」で調べたけど、意外と安い?ま、まぁ、それでも9万も安いわけで。繋ぎと考えたらかなり安い。品質は電気屋で見て下さい。
 ちなみに、この間電気屋で見た感じでは、東芝REGZAが一番好きな色合いだったかも。でも、あの液晶はどこ製だったのかなぁ?自社製はほぼないらしいし・・・。「全部LG フィリップス製」とか、「シャープ亀山工場製」とかどれも・・・。なんというか、シャープAquosのやつは動くと色が変わってしまうと言うか、例えば顔があって、シミがあるとするでしょ?その顔の位置を動かすと、そのシミの色が変わるというか、そう感じた。映像ソースが悪いのか、それとも?まだまだ改善の余地はあるかも。やっぱりブラウン管には勝てないのかなぁ?すぐそばにあった松下のプラズマディスプレイはそう言うことがなかった。でも、Aquosでは出なかった輪郭ボケがあったりして、どっちがいいのかなぁ、なんて普通に思った。まぁ、買うワケじゃないし、仮に買える金があって、買ったらどっちでもいいんだろうなぁ、なんてね。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

No Comments

茂木健一郎

 いま、TBSのR30と言う番組を見ているんだけど、そこに茂木健一郎という人が出ている。で、久々に「面白い」と思える人を見つけた感じがした。この人はソニーに所属する脳科学者で、考えていることが面白い。系統的には解剖学者の養老孟司的かな?
 とにかく脳を使うことが重要とのこと。あらゆる快楽は他者からもたらされようが、自分からもたらされようが、自分が考えないことには始まらない。詰まるところ、脳をフル回転させれば、快楽さえ得られることも出来る。
 なんか、「バカの壁」に通じるものがあるような気がしない?アインシュタインも「重要なことは常に疑問を持つことだ」と言ってるし、考えをやめたり、無理だと思うことが壁なのかなぁ、と。
 オイラも後ろ向きなことを最近あまり考えなくなってきた。なんつーか、吹っ切れたというか、落ちるところまで落ちちゃった感があるし(笑。もうさ、社会の底辺なわけよ、オイラは。そのピラミッドでもさ、底辺なら底辺なりにとんがっていたいんだよね。
 フリーターは正直忙しくない。かと言って暇もそこまでない。でも、社会人で100%動いちゃったら、他のことする元気がないだろうなぁ、と。だって、怠け者だもの。じゃあどうしようか?とりあえず、のどが渇いたから、ちょいと飲み物でも買いに行くかな?そこからはじめよう。ハードルが低い方が、オイラにはお似合いだ。
 そう思った(笑。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

No Comments