Archive for category TV

話題の八百長

 亀田興毅とか興味ないんだけど、YouTubeで見つけたので一応・・・。

元ページはhttp://www.youtube.com/watch?v=-45W0PgY8bQ
 なに、これ。K-1の武蔵より数段ヒドイじゃん。なんのためにチャンピオンは命を賭けて闘ったのかね?亀田に負けるため?つまらないロッキーを見ているみたい。
 で、YouTubeにアップする時、検索用のタグというキーワードを設定できるんだけど、「亀田 興毅 八百長」の3つが設定されてた。
 あ、今思い出したんだけど、これ、確かTBSだよね?・・・またか。なるほど、これはガチンコファイトクラブだったんですね。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

6 Comments

「結婚できない男」のCM

 フジテレビのドラマ「結婚できない男」のCM、変じゃない?だって、結婚できない男とか自分のことを言って、何故か半笑いなんだよ?しかも、余裕たっぷりにソファに腰掛けてるし。なんか、結婚できないことを自慢しているかのような、不思議なオーラが漂っている。阿部寛、恐るべし。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

2 Comments

すぽるとなんて見るな!

 あ、あぶなーい!F1の予選が3時30分からなのに、その前にすぽると見ちゃうと結果が発表されちゃうから、見ちゃダメ、絶対!
 と言うわけで、大急ぎでチャンネルを変えたんですけど、ああいうハメ、マジでやめてください・・・。チャンネル変更が追いつかなかった場合、かなり萎えるので・・・。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

2 Comments

週刊フジテレビ批評

 土曜の朝にフジテレビにしてはお寒い番組をやっていたりする。一つは「テレビ寺子屋」。もう一つは「週刊フジテレビ批評」。で、昨日の回は最高だった。
 まず、視聴者からのはがきは相変わらず「だから?」といった程度が多い。例えば、「IQサプリ」の番組最後に出される宿題サプリの答え合わせを番組で行わないのは良くない、だの、毎週アニメを楽しみにしてるのに、今月は少なかった、だの・・・。ごもっともだけど、それでおまえの人生変わるンかい、と言うものばかり・・・。
 でも、F1の実況についての批評はうなずけたり。何か、未だに古館伊知郎時代を引きずっている感じで、反逆の赤い皇帝だの、北欧のアイスマンだの、恥ずかしい台詞を並び立てるわけだ。古館伊知郎は彼独自の臨場感とかがあるからおかしくないけど、モノマネすればいいモノじゃないし。まぁ、レース直前の台詞読みはまぁ多少は許せるとしても、その途中で片山右京とかがわざわざ「アレ?○○変ですね」とか言ってるのに無視するのはいかがなものかと。それだったら、即興で盛り上げるだけの腕を磨いて欲しかったり。まぁ、日テレのMotoGPよりは数段マシなんだけど。
 さて、さらに注目したのはゲスト。作家でムツゴロウ王国の王様である畑正憲氏(以下ムツゴロウさん)。この人、ただの動物オタクじゃなかった。テレビオタクでもあったみたい。特にお気に入りは深夜番組らしく、深夜に絵を描いたりしながら見ているそうな。で、「トリビアの泉」とか、「ネプリーグ」とかが面白かったとコメント。ゴールデンに行って洗練されたと褒めちぎってた。
 中でも「トリビアの泉」に関しては、ゴールデンに移ってから実験して検証するなど学術的な面がよりよくなったと高評価。自分でもよく「こんな実験をしたら成功するんじゃないか?」などといろいろ空想にふけることが多いそうで、そんな疑問を解決する様が気に入っている、とのこと。
 そんなムツゴロウさんの最近見た面白い番組は「たけしのコマネチ大学数学科」。これ、実はオイラも先週見てのめり込んでしまった番組。4月までやっていた「北野タレント名鑑」もそれはそれで面白かったんだけど、こっちはゴールデンに進出する可能性さえ秘めたとても面白い番組だったり(個人的に)。そう言う話を聞いて、ムツゴロウさんは好奇心が旺盛で、若いなぁ、と思った。
 そんなムツゴロウさんだけど、話が全く止まらない。延々と喋りっぱなし。たとえて書くなら「徹子の部屋」。「徹子の部屋」にムツゴロウさんが出たら、あの尺で収まるのだろうか?
 ああ、来週のゲスト次第では、いつもの固っ苦しい番組に戻るのだろうか?なんだかんだで毎週見ている気がするのだけれども・・・。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

No Comments

滝川クリステルショック!

 今、明石家さんま司会の生放送を見ているんですけど、視聴者からフジテレビに対する質問が寄せられているわけです。そこで、ニュースジャパンにおける滝川クリステルのポーズはなんなんですか?と言う質問に対し、制作の女性スタッフ曰く「あれはモナリザと同じ構図なんです」という衝撃の答えが返ってきました。
 そ、そうだったのか・・・。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

No Comments

優しい時間

 倉本聰原作のドラマ「優しい時間」の再放送をやっているんですけど、やっぱり面白い。生まれてこの方、東京にずっと住んでいるわけですが、こういう生活も良いなぁ、と。どうぶつの森が売れる理由もわかる気がします。
 このドラマは非常にスローなテンポで進行する。それでいて、イライラしないと言うか。その時間自体が心地良い。無駄な構成を省いて話の筋を通すだけの作品ではない。まさに、小説を読んでいるかのような作品なんですね。映画「ニューシネマパラダイス」を見ている時と同じ気分にさせてくれます。自分と同世代が見るような作品はどれも自分には合わないというか、ああいうノリがいいのかなぁ、と思うことがしばしばあります。こういう人間ドラマをもっと見て欲しい。
 ありきたりとか言うんだったら、常に異常が良いのか?と。いつも新しいことがあるなんて実は当たり前のことだったりするわけで。過度の変化ばかりを求める現代の風潮が非常に嘆かわしいと思うわけです。テクノロジーが新しい物を求めるのは理にかなっていることだと思うんですよ、その一方で。ただ、日々の出来事までまったく新しいことに満ちあふれていると、それはストレス以外の何者でもないじゃないですか?
 日々変わる心の変化こそ、普遍的な人類のテーマなんじゃないかと考えさせられる、今日この頃でした。
 最近見ているドラマは松本清張原作の「けものみち」だったりするんだけど、原作や脚本が優れている作品を見るようになった気がします。これもまた、年のせいかな?無駄に年取っただけだけども・・・。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

2 Comments

Twenty Four シーズンIII

 なんつーか、更新し無さ過ぎですね…(苦笑)。最近、思うところありまして…。
 で、Twenty FourのシーズンIIIを見ているわけですが、非常に面白い反面、一つ気が付いてしまったんですよ。これ、リアルタイムドラマじゃないじゃん、と…。見ている方はその点気にしながら見てください。時間軸、全然リアルタイムじゃないです。
 気が付いたのは昨日放送の回で、主人公ジャックが凶悪犯を脱走させるために刑務所で暴動を起こし、脱出しようとしたところに暴徒と化した囚人に捕まったシーンでのこと。政府からも追われる身となったジャックは機動隊の服を拝借しているときに囚人に捕まるんですね。で、なぜか気が狂った囚人が「ロシアンルーレットをやれ」と強要し、運悪く機動隊Aとジャックがやることに。で、機動隊Aが引き金を引いて死んだあと、すぐに凶悪犯とやらされることになるわけです。で、ここで場面が5分か10分変わるんですけど、この場面に戻ったとき、全く時間が経っていない雰囲気なんですよ。これ如何に?
 …面白いからいいんですけどね。
 ではでは…。

Post to Twitter

2 Comments

フジテレビのタコ

 今、殺意を覚えました。と言うのも、F-1を見ようと思ってフジテレビをつけていたら、その前のすぽるとであっさり結果を言われてしまいました。この後F-1の放送なんですが、見ません。おやすみ。
 ではでは…。

Post to Twitter

3 Comments

日テレのタコ

 やってくれました。日テレさんが。来るMotoGPドイツGPの放送、どうやらF-1ハンガリーGPの裏になりそうです。もうね、死ねよと。日テレのCSチャンネル「G+(ジータス)」では本日31日にやります。で、今までのパターンだと翌週の土曜に日テレでダイジェスト版が放送されるというパターンなんです。が、F-1への対抗意識か、何も考えない日テレの編成のなせる技か知りませんが、モロ被ってます。
 フジのF-1みたいにやったらその日の深夜に放送というスタンスだったらいいんですよ。けど、無理矢理フジに合わせて当日の深夜に放送する意味が分からない。来週の土曜にやったらいいじゃないか、と。もしくはぶつからないように時間をずらすなり、翌日にやるなりあったはずなわけで。まぁ、愚痴ってもしょうがないわけですが。
 百歩譲ってその後にやるインディーカーシリーズと入れ替えることは出来なかったのだろうか、と。まぁ、その場合は賛否ありましょうが…。と言うわけで、今回のMotoGPはキャンセルです。G+で録るかなぁ…。でもPCに転送できないんだよなぁ…。保存できない…。世知辛い世の中です。
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments

ガソリーナ

 最近日テレでレアル・マドリードとヴェルディの中継のCMでかかっていた曲がどうにも頭にこびりつくわけです。ご存じかどうかは知りませんが、その試合も終わり、そのCMもやらなくなったのですが、「うんちゃら、ガッソリ~~ナァ~♪、舐めな(そう聞こえる)ガッソリ~~ナァ~♪」というメロディーの虜になったわけです。で、我らが偉大なる検索エンジンGoogleで「ガソリーナ」と検索した結果、PVが見つかりました。てか…かっこよすぎ。スパニッシュ系の歌なので、スペイン語かなんかなんですが、英語や日本語の歌にはない独特な世界観を構築しています。途中、巨乳のネーちゃんが胸をプルプルさせるための小躍りをしているので、そこも必見です。さらに、イエローのバイクのパフォーマンスも必見です。
 とりあえず聞いてみそ。クソかっこいいから。映像も良すぎ。下のサイトのFULL LENGTHを今すぐクリック!
Daddy Yankee(ダディ・ヤンキー): Gasolina(ガソリーナ)
http://www.mtv.com/bands/az/yankee_daddy/audvid.jhtml
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments