Archive for category Programming

FreeBSDなphpのdate設定

なんか、cactiと言うログツールの設定中、バッチにてdate関連のエラーが。
どうやら設定していなかったと言う。。。

/usr/local/etc/php.ini
を編集。

date.timezone = Asia/Tokyo

以上。

プログラミングPHP 第2版

著者/訳者:Rasmus Lerdorf Kevin Tatroe Peter MacIntyre

出版社:オライリー・ジャパン( 2007-10-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 4,000

大型本 ( 448 ページ )

ISBN-10 : 4873113423

ISBN-13 : 9784873113425


Post to Twitter

,

No Comments

Javaと例外

Javaで標準クラスを使う限り例外機構の実装はTry-Catchで決まりそう。
自前クラスをわざわざ用意するのは無駄なので標準クラスを使いたいところ。
なので、あまり好きじゃないけどTry-Catch文で試す。
前回の引数をとる続編として、引数をどんどん掛け算して行く。

Try-Catch文の書き方は

try
{
/* 処理 */
}
catch( 受け取るエラーのException型 変数 )
{
/* 処理でこけた後の処理 */
}

となる。
try文で処理をテストして、エラーが出た瞬間にcatch文へ進む。
catch文で例外の型に合致する箇所でパラメータを受け取り、適宜処理をする。

ArgumntsCalc.java

class ArgumentsCalc
{
public static void main( String args[] )
{
int argc = args.length;
double tmp, ans = 1.0;
for( int i = 0; i < argc; ++i )
{
try
{
ans *= Double.parseDouble( args[i] );
}
catch( NumberFormatException e )
{
System.out.println( e );
}
}
System.out.println( "result is " + ans + "." );
}
}

こんな感じ。
エラーが起きたらとりあえずエラー内容を出力する。
実行結果は下記の通り。

McLaren% javac ArgumentsCalc.java
McLaren% java ArgumentsCalc 2.0 5 x
java.lang.NumberFormatException: For input string: "x"
result is 10.0.

独習Java 第4版

著者/訳者:ジョゼフ・オニール

出版社:翔泳社( 2008-05-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,456

大型本 ( 528 ページ )

ISBN-10 : 4798117153

ISBN-13 : 9784798117157


Post to Twitter

, , ,

No Comments

Javaと引数

Javaで引数をとってみる。

引数を複数とって、その数と引数自体を表示し、その長さも表示したい。
実行方法は

McLaren% java ArgumentsTest x y z abc

とする。

で、こんな感じのコードを書いてみた。

ArgmentsTest.java

class ArgumentsTest
{
public static void main( String args[] )
{
int maxLen = args.length;
System.out.println( "total arguments count is " + maxLen + "." );
for( int i = 0; i < maxLen; ++i )
{
System.out.println( "\tcurrent arguments is \"" + args[i] + "\"." );
System.out.println( "\t\tlength is " + args[i].length() + "." );
}
}
}

Javaでは引数がmainで取得したString型の変数に集約される。
と言うのも、引数の数を取得したければ .lengthを付け足せばそのメンバ変数に引数の数が入っている。
各々の引数は配列毎に格納されるので、その中で長さを取得したければ .length()メソッドを呼び出せば文字列長を取得することが出来る。

実行結果は下記の通り。

McLaren% javac ArgumentsTest.java
McLaren% java ArgumentsTest x y z abc
total arguments count is 4.
current arguments is "x".
length is 1.
current arguments is "y".
length is 1.
current arguments is "z".
length is 1.
current arguments is "abc".
length is 3.

独習Java 第4版

著者/訳者:ジョゼフ・オニール

出版社:翔泳社( 2008-05-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,456

大型本 ( 528 ページ )

ISBN-10 : 4798117153

ISBN-13 : 9784798117157


Post to Twitter

, ,

No Comments

Javaと標準出力と変数など

Javaを弄ろうと思って本読んでる。
で、とりあえずさっきHello Worldも出してみたわけ。

PHPべったりで、Cを少し勉強した俺からして、「Javaってどんな感じかなぁ。」というのが知りたかった。
まず、文字出力メソッドがおおらか。
例えば、下記のようなコードは普通に通る。

PrintTest.java

class PrintTest
{
public static void main( String args[] )
{
int num = 10000;
System.out.println( "num is " + num );
}
}
McLaren% javac PrintTest.java 
McLaren% java PrintTest      
num is 10000

なんか、JavaScriptと同じと言うか、この部分はJavaをそのまま流用したような実装になってるんだなぁ、と。

配列に関してもおおらか。
気持ち悪い書き方だけど、下記コードと実行結果。
ArrayTest.java

class ArrayTest
{
public static void main( String args[] )
{
int nums[];
nums = new int[10];
for ( int i = 0; i < 10; ++i )
{
System.out.println( "current num is " + nums[i] );
}
System.out.println( "end" );
}
}
McLaren% javac ArrayTest.java
McLaren% java ArrayTest      
current num is 0
current num is 0
current num is 0
current num is 0
current num is 0
current num is 0
current num is 0
current num is 0
current num is 0
current num is 0
end

new、mallocと言うよりはcallocと言う雰囲気。
まぁ、メモリ確保した後すぐに中身入れ替えちゃうような時は無駄な気がするけど、事故るよりは良いってことなんでしょうな。

あと、面白いのは

arrayVarName.length

とすると、そのまま配列の個数が取得できる。

class ArrayTestWithInit
{
public static void main( String args[] )
{
int nums[];
nums = new int[10];
int max = nums.length;
System.out.println( "nums length is " + max );
for ( int i = 0; i < max; ++i )
{
nums[i] = i;
}
for ( int i = 0; i < max; ++i )
{
System.out.println( "current num is " + nums[i] );
}
System.out.println( "end" );
}
}
McLaren% javac ArrayTestWithInit.java
McLaren% java ArrayTestWithInit      
nums length is 10
current num is 0
current num is 1
current num is 2
current num is 3
current num is 4
current num is 5
current num is 6
current num is 7
current num is 8
current num is 9
end

こう言うことも出来る。

独習Java 第4版

著者/訳者:ジョゼフ・オニール

出版社:翔泳社( 2008-05-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,456

大型本 ( 528 ページ )

ISBN-10 : 4798117153

ISBN-13 : 9784798117157


Post to Twitter

,

No Comments

いろんな言語でこんにちは[ Java篇 ]

JavaでのHello World。
Mac OSXで動作確認済み。
あ、コンソールのみね。

class HelloWorld
{
public static void main( String args[] )
{
System.out.println( "Hello World!" );
}
}
McLaren% javac HelloWorld.java
McLaren% java HelloWorld 
Hello World!

独習Java 第4版

著者/訳者:ジョゼフ・オニール

出版社:翔泳社( 2008-05-29 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,456

大型本 ( 528 ページ )

ISBN-10 : 4798117153

ISBN-13 : 9784798117157


Post to Twitter

, ,

No Comments

Zend Frameworkと戯れる -じゃんけんゲームを作ってみる-

とりあえず、タイトル通りのことをやってみた。
Hello, World!じゃつまらないので、名前入れてもらってじゃんけんの手を選んでもらってCPUと対決しましょう、という感じ。
まず、ディレクトリ構成を考えることに。
サブドメイン(xxx.yuxx.netのxxxの部分)を切ってやっても良いんだけど、便利な設定してないから、UserDir(xxx.yuxx.net/~hogeの~hogeの部分)でやることに。
しかもドキュメントルート(このアプリの頭はやっぱつかいたくなかったからディレクトリを一段したにした。
URL的にはhttp://test.yuxx.net/~yuxx。

以下、treeコマンドより。(超便利w)

zend_test_prj
|-- public_html
|   `-- zend_test
|       |-- .htaccess
|       `-- index.php
`-- web_app
`-- zend_test
|-- controllers
|   `-- IndexController.php
|-- models
`-- views
`-- scripts
`-- index
|-- index.phtml
`-- pon.phtml

public_html以下が公開ディレクトリで、web_appがプログラムの場所。
まぁ、web_appはプログラムは権限さえあればどこ置いたって良いんだけどね。
名前も本来はapplicationsが推奨だし。。

で、まず公開領域にある.htaccessを置きましょう、と。

RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule !\.(js|ico|gif|jpg|png|css)$ index.php

一行目でURLを変換出来るようにmod_rewriteをOnに。
4行目で「js、ico、gif、jpg、png、css以外はindex.phpへ送る」と言う設定。
Flashとかをこのディレクトリ内に置いて使うんだったら適宜設定を。
2行目と3行目は別に必要ないんだけど、そのディレクトリ内にURLで叩かれたディレクトリ、あるいはファイルがあった場合はそっち優先で見に行くよ~と言うおまじない。

お次は同じ場所に設置するindex.php。

<?php
ini_set('display_errors', 'On');
require_once 'Zend/Controller/Front.php';
Zend_Controller_Front::run('../../web_app/zend_test/controllers');

2行目は一応エラー表示させたいので置いといた。
この程度のプロジェクトだからそうそうエラーは出ないだろうけど、それでも俺みたいな脳たりんには重要だったりする。
もちろん、リリース時には外すけど:-)
で、重要なのは3行目と4行目。
3行目は基本的にこういうもの、と言うことで。
4行目はこのファイル「index.php」の場所から見ての相対パスで、IndexController.phpがどこにあるか、と言うこと。
今回の場合、ドキュメントルートがそもそも1階層深かったり、アプリケーションルートもそれに合わせて深くしたりしているから、チト長い書き方になってしまったかね。。。

で、用意したテンプレはこんな感じ。

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html, charset=UTF-8">
<title>じゃんけん</title>
</head>
<body>
<center>
<h1>じゃんけんゲーム</h1>
<?php if (!empty($this->errMsgs)) { ?>
<?php   foreach ($this->errMsgs as $currMsg) { ?>
<span style="color:#ff0000"><?php echo $currMsg ?></span><br />
<?php   } ?>
<?php } ?>
<form action="<?php echo $this->baseUrl(); ?>/index/pon" method="post">
お名前<?php echo $this->formText('pName', $this->escape($this->pName)) ?><br />
<?php echo $this->formRadio('pMethodKey', $this->pMethodKey, null, $this->methodNames) ?>
<br /><?php echo $this->formSubmit('', 'ポン!') ?>
</center>
</body>
</html>

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html, charset=UTF-8">
<title>ポン!</title>
</head>
<body>
<center>
<h1>CPU &gt; <?php echo $this->cpuMethod ?></h1>
<?php echo $this->escape($this->pName)?>さんは<?php echo $this->pMethodName?>を出したのでの<?php echo $this->result?>です。<br />
<a href="<?php echo $this->baseUrl(); ?>">戻る</a>
</center>
</body>
</html>

では、web_app/zend_test以下のcontrollers/IndexController.phpを見ていこうか。
ちなみに、このコントローラーはデフォルトだと一番最初にアクセスされるコントローラクラスと言うことになる。

<?php
// load base components.
require_once 'Zend/Controller/Action.php';
class IndexController extends Zend_Controller_Action
{
private $_methodNames = array(
0 => 'グー',
1 => 'パー',
2 => 'チョキ'
);
private $_resultNames = array(
0 => 'あいこ',
1 => '負け',
2 => '勝ち'
);
// Index action
public function indexAction()
{
$this->view->assign('methodNames', $this->_methodNames);
}
public function ponAction()
{
$req = $this->getRequest();
$errMsgs = array();
$pName = $req->getPost('pName');
if ($pName == null || $pName == '') {
$errMsgs[] = '名前を入力して下さい。';
}
$pMethodKey = $req->getPost('pMethodKey');
if ($pMethodKey == null || $pMethodKey == '') {
$errMsgs[] = 'あなたの手を選択して下さい。';
$pMethodKey = null;
} else {
$errFlg = true;
foreach ($this->_methodNames as  $key => $methodName) {
if ($pMethodKey == $key) {
$errFlg = false;
break;
}
}
if ($errFlg == true) {
$errMsgs[] = 'もう一度選択して下さい。';
}
}
// index、ponの両方で必要なデータのアサイン
$this->view->assign('pName', $pName);
if (!empty($errMsgs)) {
// indexで必要なデータのアサイン
$this->view->assign('errMsgs', $errMsgs);
$this->view->assign('pMethodKey', $pMethodKey);
$this->view->assign('methodNames', $this->_methodNames);
// indexをレンダー
//            $this->render('index/index'); // なぜかこれだと動作しない。
$this->getHelper('viewRenderer')->setNoController()->setScriptAction('index/index');
// 処理修了
return;
}
// CPUのじゃんけんの手をランダムで出す
srand(time());
$cpuMethodKey = rand() % 3;
// じゃんけんの結果を計算
$result = ($cpuMethodKey - $pMethodKey + 3) % 3;
// ponで必要なデータのアサイン
$this->view->assign('pMethodName', $methodName);
$this->view->assign('cpuMethod', $this->_methodNames[$cpuMethodKey]);
$this->view->assign('result', $this->_resultNames[$result]);
}
}

今回はMVC(モデル・ビュー・コントローラー)デザインの内、DBを使ってないからModelは用意せず、コントローラー内でバリデート(エラーチェック)を行った。
Postされた値は$this->getRequest()で取ってくることが出来る。
また、ビューでデータを使うためには他のフレームワーク同様アサイン(追加)しないといけない。
アサイン方法は$this->view->assign(‘ビューで使うための変数名’, データ)という感じ。
ビューファイルで使うときは先ほどのビューに書いてあるとおり、$this->ビューで使うための変数名 と言う風に取ってこれる。
とまぁ、こんな感じ。
じゃんけんのルーチンは自分で検証してみてくだされ。

出来上がったクソアプリは下記の通り。
http://test.yuxx.net/~yuxx/zend_test

一応まとまったソースは下記。
zend_test_prj.tar.bz2
zend_test_prj.zip
お好きな方をどうぞ。

お粗末。

Zend Framework 徹底マスター

著者/訳者:藤野 真吾

出版社:ソーテック社( 2009-04-11 )

定価:

Amazon価格:¥ 28,899

単行本 ( 592 ページ )

ISBN-10 : 488166669X

ISBN-13 : 9784881666692


Post to Twitter

, ,

No Comments

Zend Frameworkのインストール

ちと所用でZend Frameworkを使わなくてはいけないっぽいので当サーバへインスコすることに。
FreeBSDなのでportsからサクッと入れてしまいまひょ。

% portinstall www/zend-framework

or

% cd /usr/ports/www/zend-framework
% make install clean

とか。
コンパイル中に2回ほどオプション選択させられるけど、自分の使っているDBとかと相談して決めてみてはいかがだろうか。

で、最終的に

Now you need to adjust PHP's include_path to contain
`/usr/local/share/ZendFramework/library'
For example, insert:
include_path = ".:/usr/local/share/ZendFramework/library"
into `/usr/local/etc/php.ini'.
Zend Framework includes the Zend_Tool class and wrapper script
for automating many common framework-related tasks. To use the
zf wrapper script, set the following environment variable:
Bourne shell:
export ZEND_TOOL_INCLUDE_PATH_PREPEND=\
/usr/local/share/ZendFramework/library
C-shell:
setenv ZEND_TOOL_INCLUDE_PATH_PREPEND \
/usr/local/share/ZendFramework/library
Documentation for the Zend_Tool class is found at:
http://framework.zend.com/manual/en/zend.tool.framework.html
For more general information about the Zend Framework, please
visit: http://framework.zend.com/

こんなメッセージが出る。
Zend_Tool classの事はよ~知らんから放置。
php.iniにあるinclude_pathを指示通り書き直す。

% vim /usr/local/etc/php.ini
(略)
include_path = ".:/usr/local/share/ZendFramework/library"

そんでもって、apache再起動。

% apachectl restart

せっかく140MB強までダイエットに成功したhttpdが一気に190MB手前にまでふくれあがってしまった。。。
サーバ管理技術を身につけたい。。
サーバを強化および低消費電力化したい。。。

で、お決まりのテストコード。

<?php
require 'Zend/Version.php';
echo Zend_Version::VERSION;

Zend Frameworkコード規約によりPHPのみのファイルでは終了タグ?>は書かない。
結果は下記ページの通り。
http://yuxx.net/~yuxx/zend_ver.php

とりあえずインストール完了なり:-)

Zend Framework 徹底マスター

著者/訳者:藤野 真吾

出版社:ソーテック社( 2009-04-11 )

定価:

Amazon価格:¥ 28,899

単行本 ( 592 ページ )

ISBN-10 : 488166669X

ISBN-13 : 9784881666692


Post to Twitter

, , , ,

No Comments

Quake IIIをVisual Studio 2008でビルド

id software(イド・ソフトウェア)、この会社は一人称視点のシューティングゲームをFirst Person Shooter通称FPSと言うジャンルとして広めた。
Wolfenstein 3Dを皮切りにDoomが欧米で大ヒット。
3D時代前夜にQuakeをリアルタイム3DCGでリリース。
少数精鋭主義を貫いたせいか、この前Bethesda Softworksかその親会社のZeniMaxに買収。
「洋ゲー=FPS」の様な状況を作り、今に至る。

で、id softwareは本当に素晴らしいソフト会社で、最新以外のQuakeシリーズのソースコードがGPLライセンスの元リリースされている。
例えばQuake 3はこれ。
ftp://ftp.idsoftware.com/idstuff/source/quake3-1.32b-source.zip
他にもDoom / Doom 2やHexen / Heretic、当然Quake、Quake IIもリリースされているので、興味があったらググってみてもいいかもしれない。

そしてそして、お待たせしました。
本題。
このソース、落として解凍してVCにぶち込んでビルドすれば動くのか?と言う話。
答えはNO!
なので記事に・・・。
で、「luozhiyu – Compile Quake III arena」を参考にやってみましょう、と。
あ、先に書いておくけどQuake 3 Arenaを持ってないと動かないからね!
未確認ながら、Demo版があるから、それでも出来るかも?
Amazonでもほぼ売り切れのようなものだから、Steamで買うという手もある。

と言う前置きはさておき、はじめましょうか。
まず普通に解凍する。
解凍したディレクトリに「code」と言うディレクトリがあるはず。
とりあえずそこを開く。
で、「quake3.sln」を開く。


バックアップは作らなくても良いと思う。
だって、そもそもZipファイルにフルソースがあるし・・・。


これもとりあえず無視して「OK」。

これも消しちゃってOKのはず。

これで変換終了。

履歴を出すとこんな感じ。

ここからコンパイル。
でもいろいろ設定しなきゃいけない。


まず、ソリューションのプロパティでスタートアッププロジェクトを「quake3」にする。

で、ウィンドウ上部中央にあるソリューションの構成が「Debug Alpha」とかの場合は「Debug」に変更する。


「quake3」のプロジェクトのプロパティを開いて、「デバッグ」、「コマンド引数」を

+set fs_cdpath &quot;C:\Program Files\Quake III Arena\&quot; +set r_mode &quot;4&quot;

とかにする。
ここのオプションはQuake3のインストールディレクトリにある「baseq3」ディレクトリにある「q3config.cfg」の設定内容と同様と思われる。
ただ一点違うのはプログラムやらアセットやらへのパス。
それを「fs_cdpath “インストールパス”」としないとゲームが起動しない。
あと、もう一つのオプションは解像度のオプションで、今使っているマシンはこのゲームが発売されて軽く10年は過ぎたくらいの時に組んだから、当時としては考えられないような解像度(1920 x 1200)なので、どうしてもエラーが出た。。
製品版から起動してもエラーが出たので、起動時の解像度を抑えるようにしてみた。
自分の環境ではフルスクリーンで落ちるので、「q3config.cfg」の

seta r_fullscreen &quot;1&quot;

seta r_fullscreen &quot;0&quot;

として抑えた。

ちなみに、ビルドして実行してみるとこんなエラーが出る。

これが出なくてオープニングムービーが始まってCDキーを入力する画面が出たらもう問題ないでしょう。

id softwareらしい無骨なタイトル画面w






こんな感じ。

お粗末。

Post to Twitter

, , , , , , , , ,

No Comments

続・dprintf

前回「Visual CのGUIアプリで「出力」ウィンドウへデバッグメッセージを出す」でのdprintfは文字サイズ固定だったからちょっとどうかなぁ〜と思った次第。
多少は動的にして文字数に余裕を持たせたいところ。

あと、MSのAPIにはprintf_sとかsprintf_sとか、さらにはvsnprintf_sとか「_s」付きのセキュリティ強化版がある。
で、これ使ってエラー出すと完全に止まる。。。
例えばバッファより文字が多かった場合、即止まって怒られて落ちる。
本当はその後にバッファをより多くreallocする予定だったのにも関わらず・・・。
そしてそのエラーの止め方がわからない。。
なので、デバッグと言う名目なので、若干セキュアじゃないvsnprintfを使うことに。
(超後ろ向き。。。)
UNIX系でサポートされてない関数をバカスカ使うのも正直気が引けてたから、これで良いのだ〜♪
・・・なんてね。

とりあえず今回書いたコード。

// debug.h
#define _DPRINTF_MALLOC_ERR_ -100
#define _DPRINTF_ARG_ERR_ -101
#define _DPRINTF_REALLOC_ERR_ -102
int dprintf( const char *format, ...);
// debug.cpp
#include &lt;windows.h&gt;
#include &lt;stdio.h&gt;
#include &lt;stdlib.h&gt;
#include &lt;stdarg.h&gt;
#include &quot;debug.h&quot;
#define _DEBUG_BUFF_BASE_SIZE_ 256
int dprintf( const CHAR *format, ...)
{
va_list argPtr;
char *debugMsgBuffer;
char *tmpMsgBuffer;
int msgLen = 0;
int maxBuffSize = _DEBUG_BUFF_BASE_SIZE_;
va_start( argPtr, format );
debugMsgBuffer = (char *) malloc( maxBuffSize );
if ( debugMsgBuffer == NULL ) {
OutputDebugStringA( &quot;dprintf:malloc error.\n&quot; );
return _DPRINTF_MALLOC_ERR_;
}
if ( format == NULL ) {
OutputDebugStringA( &quot;dprintf:format argument is null.\n&quot; );
return _DPRINTF_ARG_ERR_;
}
msgLen = vsnprintf( debugMsgBuffer, maxBuffSize - 1, format, argPtr );
// vsnprintfにてバッファ終端に'&#92;&#48;'が書き込まれない
// 時があったので、strlenでも長さチェックをかける。
// あるいは、この時点でスタックを破壊している可能性もある。
if ( (int) strlen( debugMsgBuffer ) &gt; msgLen ) msgLen = -2;
// メモリが足りないときの処理
while ( msgLen &lt; 0 ) {
maxBuffSize += _DEBUG_BUFF_BASE_SIZE_;
tmpMsgBuffer = (char *) realloc( debugMsgBuffer, maxBuffSize );
if ( tmpMsgBuffer == NULL ) {
free( debugMsgBuffer );
OutputDebugStringA( &quot;dprintf:realloc error.\n&quot; );
return _DPRINTF_REALLOC_ERR_;
}
debugMsgBuffer = tmpMsgBuffer;
msgLen = vsnprintf( debugMsgBuffer, maxBuffSize - 1, format, argPtr );
// vsnprintfの'&#92;&#48;'書き忘れ問題をここでも対処。
if ( (int) strlen( debugMsgBuffer ) &gt; msgLen ) msgLen = -2;
}
OutputDebugString( debugMsgBuffer );
free( debugMsgBuffer );
return msgLen;
}

まぁ、コメントの通りなんだけど、

if ( (int) strlen( debugMsgBuffer ) &gt; msgLen ) msgLen = -2;

なんてい言う小賢しい処理を入れてる。
何でかというと、下記のコードを実行してもらいたい。

vsnprintfでおかしくなる。

// debug.cpp
#include &lt;windows.h&gt;
#include &lt;stdio.h&gt;
#include &lt;stdlib.h&gt;
#include &lt;stdarg.h&gt;
#include &quot;debug.h&quot;
#define _DEBUG_BUFF_BASE_SIZE_ 4
int dprintf( const CHAR *format, ...)
{
va_list argPtr;
char *debugMsgBuffer;
char *tmpMsgBuffer;
int msgLen = 0;
int maxBuffSize = _DEBUG_BUFF_BASE_SIZE_;
char test[1024];
int testLen = 0;
setlocale( LC_ALL, &quot;C&quot; );
va_start( argPtr, format );
debugMsgBuffer = (char *) malloc( maxBuffSize );
if ( debugMsgBuffer == NULL ) {
OutputDebugStringA( &quot;dprintf:malloc error.\n&quot; );
return _DPRINTF_MALLOC_ERR_;
}
if ( format == NULL ) {
OutputDebugStringA( &quot;dprintf:format argument is null.\n&quot; );
return _DPRINTF_ARG_ERR_;
}
msgLen = vsnprintf( debugMsgBuffer, maxBuffSize - 1, format, argPtr );
// vsnprintfにてバッファ終端に'&#92;&#48;'が書き込まれない
// 時があったので、strlenでも長さチェックをかける。
// あるいは、この時点でスタックを破壊している可能性もある。
// if ( strlen( debugMsgBuffer ) &gt; msgLen ) msgLen = -2; // ここをコメントアウト
// メモリが足りないときの処理
while ( msgLen &lt; 0 ) {
{ // debug
testLen = sprintf( test, &quot;maxBuffSize appended from \&quot;%d\&quot; to&quot;, maxBuffSize );
maxBuffSize += _DEBUG_BUFF_BASE_SIZE_;
sprintf( &amp;test[testLen], &quot;\&quot;%d\&quot;.\n&quot;, maxBuffSize );
OutputDebugStringA( test );
} // debug end
tmpMsgBuffer = (char *) realloc( debugMsgBuffer, maxBuffSize );
if ( tmpMsgBuffer == NULL ) {
free( debugMsgBuffer );
OutputDebugStringA( &quot;dprintf:realloc error.\n&quot; );
return _DPRINTF_REALLOC_ERR_;
}
debugMsgBuffer = tmpMsgBuffer;
msgLen = vsnprintf( debugMsgBuffer, maxBuffSize - 1, format, argPtr );
{ // debug
sprintf( test, &quot;maxBufferSize = \&quot;%d\&quot;\n msgLen = \&quot;%d\&quot;\n  strlen( debugMsgBuffer ) = \&quot;%d\&quot;\n&quot;, maxBuffSize, msgLen, strlen( debugMsgBuffer ) );
OutputDebugStringA( test );
} // debug end
// vsnprintfの'&#92;&#48;'書き忘れ問題をここでも対処。
// if ( strlen( debugMsgBuffer ) &gt; msgLen ) msgLen = -2; // ここをコメントアウト
}
OutputDebugString( debugMsgBuffer );
free( debugMsgBuffer );
return msgLen;
}

さっきの小賢しいコード2カ所を撤去してメモリを何バイト取得し、文字列の長さはいくらで、実際の文字列の長さはいくらかを表示しているコードも入ってる。
これを額面通り

dprintf( &quot;hoge = %5d\n&quot;, hoge );

とか文字数を変えて実行してみると、変な文字が付いてくる可能性がある。
自分の環境では

glnWidth =  1432	glnHeight =   815

を期待したところ、

glnWidth =  1432	glnHeight =   815
ォォォォォォォォォ

と言うようなゴミが付いてきた。
どうやら境界線ギリギリで書き込みを行う場合に’\0’が書き込まれていないような気もする。
とは言え、vsnprintfの第2引数を-1から-2に変えたところで同様のエラーが起きる。
個人的には手詰まり。
なので、本当に文字処理をプログラム中で扱うときはこの関数は使えない。。。
対処できないし、こんなの。
strlenによるネガティブな対処で良ければいくらでもやるけど、これ、正解じゃないよね?
そんなわけで、dprintfは前のバージョンの法が良かったのかもしれないと思えてきたり・・・。
(で、でも、文字数制限は無いぞ!と、自分を擁護しつつ、こちらを改良して行くことに。。。)

お粗末。

Post to Twitter

, , , , ,

No Comments

Visual CのGUIアプリで「出力」ウィンドウへデバッグメッセージを出す

俺、PHPerの頃からの癖で、デバッグメッセージをどうしても出したくなる。
コマンドライン上では普通にprintfではき出せば良いんだけど、GUIとなるとそこに出すのもちょいと面倒だし、メッセージボックスなんてやった日には、メッセージボックスの嵐となる可能性さえ秘めているのは自明。
で、Visual Studioでデバッグすると出力ウィンドウがあります、と。
これを使いたい。
答えを書いちゃうとwindows.hにある、OutputDebugStringA( *str )と言う関数で実現可能です、と。
と言うわけで、dprintfを自作。

// debug.h
bool dprintf( const char *str, ...);
// debug.cpp
#include &lt;windows.h&gt;
#include &lt;stdio.h&gt;
#include &lt;stdarg.h&gt;
#define _DEBUG_OUT_BUFF_SIZE_ 128
bool dprintf( const char *str, ...)
{
char debugOutBuff[ _DEBUG_OUT_BUFF_SIZE_ ];
va_list ap;
va_start( ap, str );
if ( !vsprintf_s( debugOutBuff, _DEBUG_OUT_BUFF_SIZE_, str, ap ) ) {
OutputDebugStringA( &quot;dprintf error.&quot; );
return false;
}
OutputDebugStringA( debugOutBuff );
return true;
}

dprintfで「出力」ウィンドウへ出力したところ

まぁ、クソみたいな関数だけど、一応メモ。
使い方はまぁ、printfと同じだと思ってもらえれば。
あと、OutputDebugStringではなく、何故OutputDebugStringAを使っているかというと、「出力」ウィンドウがShift_JISだったからと言う。。。
少なくとも俺の持ってるVisual Studio 2008 Professionalはそうなってた。
OutputDebugStringを指定しておくとプロジェクトがUnicodeを使うように指定されていると、コンパイル時にOutputDebugStringWと言うUnicode版に書き換わってしまって都合が悪いかなぁ、と。
VC2010の「出力」ウィンドウがUnicodeになってるんだったらifdef使うなり拡張はするかも。

そんだけ。

んが、「続・dprintf」に続く。

Microsoft Visual Studio 2010 Professional アカデミック

Microsoft Visual Studio 2010 Professional アカデミック

定価:¥ 13,824

Amazon価格:¥ 94,400

カテゴリ:DVD-ROM

発売日:2010-06-18



アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


プログラミングWindows第5版〈下〉Win32 APIを扱う開発者のための決定版! (Microsoft Programming Series)

著者/訳者:チャールズ ペゾルド

出版社:アスキー( 2000-10 )

定価:

Amazon価格:¥ 28,843

単行本 ( 739 ページ )

ISBN-10 : 475613601X

ISBN-13 : 9784756136015


Post to Twitter

, , , , ,

No Comments