Archive for category FreeBSD

FreeBSD 8.0にpTeXを入れてWP-LaTeXで使う

以前に「Bezier曲線の式でLaTeXのテスト」と言う記事を書いた。
で、この時どうしてもFreeBSD 7.1にTeXが入らなくて、WP-LaTeXと言うWordPressプラグインを外部サーバのTeXで動かしていた。
そして最近、FreeBSDを8.0へバージョンアップしたこともあって、いろいろアプリをバージョンアップしていたわけ。
その時もいろいろPorts自体のアップグレードが上手く行ってないっぽいことや、Portsで使っているのか知らないけど、Rubyが警告を吐いたりして、TeXどころじゃなかった。
さらにこれまた最近WordPressを3.0にアップグレードしたらユーザやらサイト情報が保存されないトラブルに直面して、ブログ自体を再構築しようかと迷っていた。
そして注意力散漫な俺はメールサーバ機能が正しく動いていないのをいい加減直したいと思いつつ、数学の勉強をしようとpTeXを入れたくなってしまった。

とまぁ、個人的な動機はさておき、ついに導入できたのでちょっとした備忘録でも。
と言っても、「FreeBSD における TeX の導入」をなぞっただけと言う噂も・・・。
まず、ja-ptex-tetexをインストールする。

% sudo portinstall ja-ptex-tetex

次はja-xdvik-tetexをインストール。
(ひょっとしたらWP-LaTeXにはいらないのかもしれない。)

% cd /usr/ports/japanese/xdvik
% make install

次はja-dvipsk-tetexをインストール。

% cd /usr/ports/japanese/dvipsk
% make install

もしインストール中に古いパッケージとの衝突があるようなら、それをアンインストール。
例えばうちの環境ではxdvik導入中にja-ipa-ttfonts-1.0.20060520.p1_2,2とのコンフリクトがあったから

% pkg_delete ja-ipa-ttfonts-1.0.20060520.p1_2,2

してxdvikを入れた。
恐らくそれで新しいバージョンが入ったはず。

さらにdvipskではdvipsk-tetex-5.95a_5と衝突。

% pkg_delete dvipsk-tetex-5.95a_5

としたらteTeX-3.0_4の依存関係を指摘される。。。
なので、

% pkg_deinstall teTeX-3.0_4

としてteTeX-3.0_4をデインストール後、

% pkg_delete dvipsk-tetex-5.95a_5

として削除してxdvikをインストール。
これでOKだった。

WP-LaTeXのオプションをWordPressの設定画面から選択。

で、latexとdvipngの場所をwhich調べる。

% which latex
/usr/local/bin/latex
% which dvipng
/usr/local/bin/dvipng

ちなみに、FreeBSDではwhereとwhereisでも調べられる。

% where latex
/usr/local/bin/latex
% where dvipng
/usr/local/bin/dvipng
% whereis latex
latex: /usr/local/bin/latex /usr/local/man/man1/latex.1.gz /usr/ports/print/latex
% whereis dvipng
dvipng: /usr/local/bin/dvipng /usr/local/man/man1/dvipng.1.gz /usr/ports/japanese/dvipsk/work/tetex-src-3.0/texk/dvipng

サーバのパスをこうして簡単に書いてしまうのもアレかもしれないけど、とりあえず載せてしまうw

上記の様に、パスを設定して保存した後、数式が表示されればOK。

例によってテスト。
E=mc^2

そんだけ。

Post to Twitter

, , , ,

No Comments

hostnameを変更する

FreeBSDサーバでの話。
要はこのサーバね。

メールサーバを立てようと四苦八苦してるんですよ、実は。
で、ホスト名がfreebsd.localhostというふざけた名前だから行けないのかなぁ、と。
ここは一つ、alterroots.comと改めなければと反省。

まず、ホスト名を表示するには、

% hostname
freebsd.localhost

です、と。

このうちサーバ名は最初のドットまでで、

% hostname -s
freebsd

となります、と。

で、メールサーバとして例えばmail.alterroots.comとする場合は

% hostname mail.alterroots.com

として、更に起動スクリプトに書かれている方も修正する。
そのファイルの場所は/etc/rc.conf。
このファイルのhostname=となっているところを修正して完了。

でもメールサーバの構築は失敗している。
理由はサーバ用に取得したプロバイダがBB.exciteで、メールアカウントを持ってないから。。
(プロバイダのメールサーバを中継しないと行けないらしい)

そんだけ。

Post to Twitter

, ,

No Comments

fetch、wget、cURLは基本的に便利。

やはりUNIX系コマンドのお話。
大概ネットに繋がっていることがあり、ファイルを落としたいなんてこともある。
で、Zipとかの書庫やらファイルを落としたい時がある。
そんな時に活躍するのがfetch、wget、cURL。
なんで3つも種類があるかと言うと、fetchがFreeBSDのもの。
wgetがLinuxとか。
cURLがMacでは標準。
機能的には恐らくfetch<wget≦cURLかな?

使い方としては

% fetch http://www.google.com

とか。

で、wgetとかcURLだと再起的に取ってきたり、連番で取ってきたりできるっぽい。
例えば

% curl -O http://www.hogehoge.com/img_[1-100].jpg

とすれば、img_1.jpg〜img_100.jpgをDLできる。

これからもお世話になりそう。

そんだけ。

Post to Twitter

, , , , , , , ,

No Comments