Archive for category Car

ミハエル・シューマッハ主演Mercedes-Benzの新CMが格好良すぎる

まぁ、見てやってください。出来れば動画からYouTubeへ飛んで全画面HDで。

今年めでたくMercedes GPから復帰することになったミハエル・シューマッハ。
彼の年俸は1年契約で700万ユーロ(約8.5億円)とも、2,100万ユーロ(約25億円)とも言われている。
Honda、BMW、Toyotaが撤退している中、Mercedes-Benzとしても、あまりに高額すぎる給与にふさわしい働きを望みたいところ。
そして、レースで結果を残す前にやったことがこのCM。
めちゃくちゃかっこいい。

Mercedes-Benz / AMG - SLS AMG

使用されたマシンはMcLarenとの市販車開発における提携終了後Mercedes-Benz/AMGによって開発された「SLS AMG」。
かつて超高級スーパーカーとして君臨した「300SL」をかなり意識したと思われる真横に跳ね上がるガルウィングドアが特徴的。
(追記:正確にはSLR Stirling Moss生産終了後、提携解消なのかな?)

Mercedes-Benz - 300SL


とは言え、車体はフラッグシップである「SL」を上回る大きさとのことなので、重そうw
実際問題、このCMで見せたような「トンネルを1回転」というようなことは厳しいんじゃないかと。。。(本当にやってたらごめんなさい。)

にしても、いよいよF1もシーズンに向けて近づいた感がある今日この頃。
毎日F1チームのTwitterを見ながらワクワクしている毎日。

そんだけ。

Post to Twitter

, , , , ,

No Comments

暴走する車達

 気がつけば9時過ぎ・・・。更新宣言なんて、するモンじゃないね!で、更新します・・・。
 今回はGIGAZINEで紹介されていたので、知っている人も多いんじゃないかな?まずは、ドイツの暴走する車。


Car in the subway
 ドイツの地下鉄はどうなってるんだ?ちんちん電車みたいなのかね?入り口があれだけ開いてれば、試してみようかと思うやつもいる・・・いないな(笑。あと、非常口のマークは同じなんだね。何となく気になった。
 お次はフェラーリを使った短編映画。


C’etait Un Rendezvous (Claude Lelouch)
 いやいやいや、フェラーリはやっぱり速いね(ぉ。赤信号無視しまくりで、赤いボディも映えるってモンだよ。まぁ、映ってないけど。てか、よく事故ら無いね・・・。V12エンジンの音が心地良いから、OKだけどさ。ちなみにこのフェラーリは「フェラーリ 275 GTB」とのこと。275 GTBのスペックはこちら。動画詳細はここで。あと、最後まで飛ばさないで見てね。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

No Comments

'08 Dodge Charger

dodge_callenger_concept.jpg
Dodge Challenger Concept

 これ、今年のデトロイトモーターショーだかなんかで発表されたDodge Challenger Conceptと言う車です。で、これを市販するそうです。名前はDodge Charger。来年型としての投入予定だとか。もうね、アホじゃないんですか?こんな古くさいアメリカンマッソーをアメリカ人以外の誰が買うんですか?
 (・・)/
 2万ドルを想定しているとのこと・・・。円高基調でお願いしますよ!マジで欲しい。クソ格好いいじゃないですか。こんな燃費悪そうなマッソーで、往年のスタイル、センス良すぎ。Excite時代にも書いたけど、オイラの夢の車は「刑事ナッシュ・ブリッジス」が乗っているPlymouth Barracuda ’71のコンバーチブルのオレンジなんですよ。これのオレンジで、オープンカーで、内装がホワイトだったらマジで惚れる。

plymouth_barracuda_71_nash_bridges.jpg
Plymouth Barracuda Convertible ’71 (刑事ナッシュ・ブリッジスより)
plymouth_cuda_71.jpg
Plymouth Cuda Six Pack ’71 (グランツーリスモ4より)

 最大の問題は、車を所有するだけのご身分にないことだろう。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

, ,

2 Comments

噂を信じちゃ?

 今年でHondaから解雇されたMotoGPライダーのマックス・ビアッジですが、どうやらMidlandへの移籍を画策しているという噂があります。Midland?何それ?と言う方へ。簡単に言うと、旧Jordanです。まだわからない?そりゃそうでしょう。F1チームのMidlandなんですから。
 ここ数日の流れはHondaから解雇されたため、他のコンストラクターとの調整をしていました。それがKawasaki。ビアッジにはJTI(JTの子会社)という巨大なスポンサーが付いているわけです。まぁ、肝心のJITはYamahaと契約を締結したようですが…。
 で、市販車ベースの世界大会であるSBK(ワールド・スーパーバイク・チャンピオンシップ)のライダーを尊敬するという微妙なコメントを残したのが1月6日。で、今週になって2輪に後2つタイヤを追加したら、面白いと思わないか?とか、来週には驚くべき発表をするとか言ってるわけです。で、嗅ぎ付けたのがMidlandとの接点。
 これがもし本当なら、ヴァレンティーノ・ロッシより早くF1転向となるわけです。まぁ、ビアッジの年を考えると、嘘くさいにも程があるんですけど。
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments

F1とMotoGP、どっちが早いの?

 F1解説者の川井さんと言えば昔鈴木保奈美と結婚していたりしたので(離婚したけど)、知っている人もいるかと思います。で、フジテレビのページに彼の質問箱があり、そこで興味深い質問と回答がなされていました。それはタイトル通り、F1とMotoGP、どちらが早いのか、と言うもの。
 質問では「最高速が320km/hオーバーのMotoGP方が速いそうですが、F1もウィングを寝かせればそれ以上に速くなりますか?」と言った類のもの。これの回答はF1の方がどう考えても速い、とのこと。まぁ、最高速測定地が違うようですがね。
 で、調べてみたんですよ。川井さんも取り上げたスペインはカタルニア・サーキットでのデータ。
 結論から言うとF1の方が速い、と言うことです。ちなみにこのデータは2005年のそれぞれ決勝のものです。残念なことにコースレイアウトが若干違うそうです。F1の方が若干複雑でそのかわり短い。

Course Distance
Top Speed
Fastest Lap
|
|
|
|
|
|
Formula 1
4.627km
329.1km/h
R.Barrichello
1’15.641
G.Fisichella
|
|
|
|
|
|
MotoGP
4.727km
328.3km/h
M.Biaggi
1’43.195
V.Rossi

 最高速こそ競るものの、ラップタイムが約20秒違う。川井さんが指摘する通り、MotoGPマシンが3周する間にF1マシンはおおざっぱに言って4周近く回ることになるわけです。やはり、4輪のコーナリング安定性が物を言うというわけですね。
 で、パワーウエイトレシオの考察もしてみましょう。このパワーウエイトレシオとは、1馬力が何kg負担するのかを計る指標です。まずF1はレギュレーションで車体重量は605kg以上なければいけないとされています。Hondaはその重量より軽くて失格になりました。その子とを考えると、ほぼ605kgに合わせていることでしょう。そして馬力は3.0L(3,000cc)V10エンジンのMcLarenが900馬力近いとのこと。確か’05の日本GPで投入したToyotaとHondaの鈴鹿スペシャルもそのくらいだったと噂されていたはず。単純計算すると0.672222…ぐらい。
 一方、MotoGP最速マシンとされるHonda RC211Vはレギュレーションに沿って車体重量は148kg以上。馬力は990cc V5エンジンが240馬力上をたたき出すとか。単純計算では0.616667…。となると、搭乗者無しではバイクの方が速そう。
 では、搭乗者とガソリンを想定して計算しましょう。オイル容量は両者チトわからないので割愛しますが…。まず人間の重量は皆さん小さいようなので、60kgと見積もります。まぁ、自分がそれくらいだからと言う理由なんですが、もっと軽いのかもしれません…。むしろデカイから重いのかな?まぁ、モントーヤに痩せろとウィリアムズBMW時代の笑い話もあるので、60kgと仮定しましょう。
 で、F1マシンのガソリン重量。パナソニックのF1ページにはタンク容量は大体120~130Lで、大きくて150Lとのこと。ご存じの通り、給油は2~3回。とりあえず130Lと見積もって、ガソリンの比重が約0.75なので、97.5kgとします。
 MotoGPはレギュレーションにより、22L。こちらは給油無しです。重量は16.5kg。では、計算してみましょう。
 F1は総重量762.5kg、MotoGPは224.5kg。パワーウエイトレシオはそれぞれ0.8472…、0.935417…となります。詰まるところ、どのみちF1有利、と。あ、どうでも良い内容でしたね。失礼しやしたっ!

Power
Weight
Weight/Power(*1
Fuel Tank
Fuel weight
Full weight
Weight/Power(*2
|
|
|
|
|
|
|
|
Formula 1
900
605
0.672222222
130
97.5
762.5
0.847222222
|
|
|
|
|
|
|
|
MotoGP
240
148
0.616666667
22
16.5
224.5
0.935416667

(*1乾燥重量 (*2総重量

 ではでは…。

Post to Twitter

4 Comments

Lexusの答え=LS460/LS460L

 Lexusがドイツ車と真っ向勝負するにはどのようなスペックを用意するのか?その答えは、380馬力を誇るとされる4.6LのV8エンジンに世界初の電子制御式8速トランスミッションという物だった…。
 日本車もここまで来たか、と言うかなんというか。ただ、それでもToyotaと言うことで、額面通りのスペックで受け取っていいモノか否か…。このLSには120mmホイールベースを拡張したモデルも用意されるそうで、後部座席の居住性が増すとか。後部座席にもモニタが付いているとか言うし、ようやくフラッグシップモデルとしてふさわしい装備にはなったのではないでしょうか。
 にしても、国産車で380馬力と言うのはなんとも夢があって良いですね。あれだけデカイ車体を引っ張るには、これくらいの馬力がないと”戦えない”訳です。まぁ、戦う必要は全くないわけですが、それがプレミアムという奴です(笑。例えば、ダイムラー・クライスラーのAMGベンツなんかは、このブログでも再三触れている通り、アクセル全開にすると400ccネイキッド程度が相手なら軽く追いつける加速性能を持っているのです。つまり、そう言うことなんです(笑。それを使うかではなく、その性能があるかどうかが問題なのです。
 まぁ、言ってもToyotaなので、その性能が出るかどうかは不明ですが、それに近いだけでもかなりドイツ車に迫る物だと思います。果てさて、日産インフィニティやホンダアキュラはこれにどういう答えを出すのでしょうか?
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments

Super Aguri Formula Oneのお話

 どうやら来週中にもFIAの臨時会議やらでSuper Aguri Formula Oneの正式認証を発表されるそうです。正直、Hondaは好きじゃないです。が、honda寄りな事を除けばおおむね歓迎なチームなんですよ、実は。国産チームという幻想(工場は元F1コンストラクター アロウズが使っていたものであり、作業しているものはその多くがアロウズだった人たち)はまぁいいとして、日本人ドライバーが参戦しやすい土壌が出来ているわけです。これは期待しちゃいます。
 佐藤琢磨の去就が話題に上りがちですが、鈴鹿でトゥルーリを目の前でリタイアさせたから、それ以降どうでも良いんですよ。で、気になるのがセカンドドライバーが日本人になるか否か。hondaのお抱えドライバーことIndyの松浦とか、SuperGTとかFormula Nipponで参戦中の井出有治とか。
 そして、弱小チームであった旧アロウズによるシャーシ設計に尽きるかなぁ、と。どれだけの資金が得られたのかは知りませんが、弱小で甘んじる訳でもないでしょ?すごい楽しみです。近年では見られない奇抜なデザインのシャーシを切に願います。レギュレーションなんてクソ食らえ。がんばれ、アグリ。負けても良いから印象に残るチームになってください。と言うわけで、来期はToyotaとAguriを応援します。目指せ、表彰台。
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments

F1ストーブリーグのお話

 F1もシーズンが終わって久しいですが、相変わらずニュースが多い状況です。中でも一番旬なニュースはフェルナンド・アロンソが2007年からマクラーレン・メルセデスF1チームに移籍するという発表です。優勝後に持ち上げるだけ持ち上げられているように見えたアロンソですが、内情はそんなにいいモノじゃなかったとの噂。
 で、マクラーレンの誰が抜けるのかと言うことが気になる話ですが、どうやらキミ・ライコネンというのが今日のニュースです。非常に残念…。ちなみにその根拠は、フェラーリがキミ・ライコネン獲得に動いているから、と言うもの。アイスマンが情熱の赤をまとうのか?それとも急に陽気なにーちゃんになるのか?はたまた残留か…。
 マクラーレンとフェラーリ関連でもう一つのニュースとしては、現フェラーリスポンサーのボーダフォンがマクラーレンのメインスポンサーになると言うもの。一時はホンダに流れるかと思われていたボーダフォンだったのですがね。となると、マクラーレンは赤く染まることになるのでしょうかねぇ?メルセデスが黒いイメージだからなぁ。
 そうそう、ジョーダンを買収したミッドランドですが、こちらのカラーが白赤黒という感じ。よく考えてみてください。配色次第ではホンダです。白赤が強い場合はトヨタです…。まぁ、エンジンはトヨタなんですがね。黄緑とか誰も使ってない色を使えよ、と言いたいのはわがまま?
 で、いい加減飽きてきたアグリのチームですが、ごねているのはミッドランドとか。なんでも、現状のコンコルド協定ではF1専用輸送機を使えるチームは上位10チーム、と言うのが署名しない理由の一つとか噂されています。どうなるかなぁ…。琢磨はどうでも良いんだけど、相方が気になる。まぁ、旧アロウズと言うことなんで、ホンダエンジンを使っている辺り、気にくわなかったりするんですけどね。やっぱりヤマハか…トヨタでしょ。ホンダべったりのアグリだから無理だけど。
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments

スーパーGTにSC 430投入!

 「売ってない車でよく参戦できるものだ」となじられて久しいGTスープラですが、来期のスーパーGTには既存のGTスープラに加えLexus SC 430を4台投入するそうです。いやぁ、ついに踏み切りましたね。これはつまり、HondaのNSXに対して、LF-A市販時の布石と考えて良いのでしょうかねぇ?その場合、2車種だけF1クラスの性能になるわけですが…。まぁ、GTマシンだったら、F1と似たようなものか?日産のGT-R次第…ですか。
 で、11月30日以降にシェイクダウンを予定されていて、富士スピードウェイでテストを行う予定だとか。あ、ちなみに参加クラスは当然GT500です。な~んか、スープラが本気で消えそうで切ない…。
 思い起こせばそもそも初期のスープラとSC(当時はソアラ)はプラットフォームが共通であり、値段が倍近く違うことを除けば兄弟なんですよ。まぁ、当時の高いだけのソアラに興味はないんですけどね。…まぁ、買えない人間の言葉です。市販車でのSCは専用シャーシになっているのかどうかは知りませんが、どうせGT SC 430はGTスープラそのまんまになるんでしょう。GTフェアレディZがGTスカイラインGT-Rのボディに載せ替えただけと言われてるし。まぁ、どうなるんですかね。何となく取り上げてみました。
 ではでは…。

Post to Twitter

2 Comments

Toyota F1がTF106をシェイクダウン!

 いやぁ、ついに金の力を見せつけてくれましたよ、Toyotaが。3月まで4ヶ月もあるのに、もう来期用のシャーシをシェイクダウンしてしまいました。これは異例の早さで、金にものを言わせたとしか思えない暴挙。来期は流石に1勝2勝くらいしないと…。いや、まぁここは堅実に1勝をして欲しいです、素直に。
 来期のレギュレーションは周知の通りV型8気筒2.4リッターエンジンでタイヤ交換有り、と言うのが主な変更点(ただし、お金がないチームは暫定処置として回転数制限を設けた今期で使用したV型10気筒3.0リッターエンジン使用可)。
 Toyotaはタイヤをブリヂストンにスイッチしたことにより、来期のタイヤ交換ルール復活で結構なアドバンテージを得られるのではないでしょうか?噂される2008年度からブリヂストンのタイヤワンメークと言われているだけに、そう言った先を見越した点でも一歩リードしているかも。
 このTF106はTF105Bで先行投入された新型サスペンションがそれを前提としたシャーシ、ボディーに組み合わされる初めてのマシンです。まぁ、そのサスペンションが未だに問題を抱えているようですが、4ヶ月もあるわけで、設計変更することさえ可能ではないかと。
 ガスコインの話では「特にトラブルが出なかったから、信頼性は高い。タイヤの相性にも問題は出ていない。新車を他チームより大幅に先行投入できることは優位に立てる」と今回のテストで語ったそうです。う~む、トップタイムこそ出してはいないものの、来季こそは期待したいです。
 そうそう、BMWと決別したサー・フランク・ウィリアムズ率いるWilliamsですが、意外と順調かもしれません。今期はボロボロだったので、それよりはちょっと良いところに付けると良いですねぇ。今年はエンジン供給が脆弱なことはもちろんのこと、大型メインスポンサーであったヒューレット・パッカードが契約満了で撤退するわけで、かなり逆境です。2008年度はToyotaエンジンがLexus名義で載るとの噂ですが、来期はCosworthのV8で粘るとのことで、苦戦を強いられそう…。
 注目は若手ドライバーの起用。正規ドライバーに就任したニコ・ロズベルグ(20歳)はGP2で優勝した若手の超実力派2世ドライバー。親父さんはケケ・ロズベルグという1982年チャンピオンの元F1ドライバー。マーク・ウェーバーと一緒に走ることになるわけですが、果たして結果を残せるのか?テストではかなり良い成績っぽいので、これはマシン次第では…。
 更に層が厚いのはRenault。GP2で2位だったフィンランドの新星、ヘイキ・コバライネン(23歳)は一時期BMW Sauberの正規ドライバーに就任と噂されたものの、結局Renaultのテストドライバーになりました。そして、FIAからスーパーライセンスが出なかったワールド・シリーズByルノーチャンピオンのロバート・クビカ(20歳)もルノーF1をテストするなどライセンス次第ではすぐにでもテストドライバーになる実力十分。
 で、切ないのが違約金をもらってお払い箱というのがもっぱらの噂なジャック・ヴィルヌーヴ。切なすぎてコメントできません(笑。あと、インド人初のF1ドライバーことおぼっちゃまのナレイン・カーティケヤンも例のスーパーアグリと交渉中とか、持参金有りでWilliamsのテストドライバーとか、貧乏くじ扱い。佐藤琢磨もやはりアグリ待ち。どうなるんでしょうか?アグリチームくらい入れてあげればいいのに。
 余談ですが、韓国が誇るタイヤメーカー「クムホ」がF1タイヤワンメークの入札に参加するらしいですが、死人が出る前に入札への参加を拒否して欲しいところ。まだダンロップとかグッド・イヤーとかピレリとか名だたるタイヤメーカーに追いついてさえいないのに、ブリヂストン&ミシュランという頂点を差し置いて、F1はやめて欲しいです。てか、そのときはGPMAが新GPを開くか?
 ではでは…。

Post to Twitter

No Comments