PS3がコンピュータの道を断ったのか?


 SCEがゲームショーにてPS3の下位モデルについてHDMIの搭載と、税込49890円という価格改定をした。20GBHDD搭載の下位モデルは当初59800円”税抜き”で発表されていた。フルHDを表示するための超高速AV接続規格HDMIを搭載しないと言うことは、著作権保護機能が無いため、将来的にブルーレイディスクの映画などが見られなくなる可能性さえある。しかも映像と音声が別々なアナログ規格D端子だけと言うのもPS3の性能からすれば、不可解極まりない。
 さて、ただでさえ下位モデルの価格はコンピュータ(いわゆるPC)と比較すると激安で、赤字が出るハードであると推定される。トントンだとしても、今回の価格改定により、赤字に突入したのではないだろうか?PCなどはかなり多くの会社が関わっているため、PCを売るだけの製造メーカーはどうしても赤字を出せない。内製率を上げようにも、CPUはIntelとAMD、マザーボードはコストで勝る中国、台湾、韓国と言うように、ほとんどの部品は他社製である。
 PS3は逆に、内製率が非常に高い。台数が出てしまえば、工場の投資分が回収できる=それ以降の生産は原材料と人件費と輸送料で大方決まる。その場合、最初に赤字を出しても長期的に売れ続けるのであれば、黒字になる。ハードだけで黒字にしなければ、コンピュータとしては一人前ではないと、以前書いたが、実際のところ、そのパラダイムさえ崩す可能性が見えてきたのかもしれない。
 将来的にはハード単体でも黒字化を見込みつつ、当初はゲーム機の論理を用いてソフトで利益を出す。独占領域に達した時点で、PS3のバリエーションをフレキシブルに増やす。そうすれば、あるいは10万円のPS3も売れるようになるのかもしれない。
 ただ、いろんなところで繰り返し語られている通り、PS3のCellプロセッサは汎用コンピュティングには向かない。つまり、PCの代替機になり得ないと言うことだ。そこをどこまで伸ばしていくのか。もしくは、汎用コンピュティングに耐えうる強力なコアを搭載してくるのだろうか?
 今回の価格改定により、初代PS、PS2の価格へとリセットされたわけだが、この後出しジャンケン、Wii、Xbox 360に対してどうなるのか?PS3がどういったコンピュータに行き着くのか?興味は尽きない。
 ではでは・・・。

Post to Twitter

,

  1. #1 by mas on 2006年9月22日 - 9:10 PM

    毎回毎回ですが、きましたねl[知りたい]ところに手が届くyuブログ
    夕刊で読んだ内容なんかよりも遙かにイイ。
    見解が深いのに読みやすくわかりやすい。
    ライターの才能ありますな。。。
    期待も不安も、って感じですね。
    ウチは多少高くとも良いものをお願いしたい。
    よろしくソニーさんlol

  2. #2 by yu++ on 2006年9月23日 - 1:27 AM

    お褒めの言葉、どうもです(笑。
    ここの文章はすべてハッタリなので、そこは注意してください。
    で、オイラ、高スペック至上主義者だから、PS3に期待してます。
    Wii見たいに中途半端な値段でクソなスペックは本当に嫌なんですよ。
    その点Xbox 360はセガ・サターン的でちょっと応援したくなるかも(笑。
    がむばれ、SCE。

  3. #3 by BlogPetのルティ on 2006年9月27日 - 2:53 PM

    ルティは、無いためジャンケンや、性能と、広い汎用を改定しなかったよ。

(will not be published)