iPhone 3GをOS 3.1.3でJailbreakしたので備忘録をば


最近iPhoneに新しいアプリを入れようにも、み〜んなOS 3.1.3 Requiredな感じでヒジョ〜に残念なので、久々にJailbreak状態でアップグレードを試みることに。

あ、その前にJailbreakについて補足しておく。
通常アポーの許可無しにアプリはインストールできないんだけど、その仕組みをぶっ壊したHackerさんのおかげでいわゆる「勝手アプリ」が使えるようになる。
野良iTunesこと「Cydia」から勝手気ままにオンラインからアプリが入手できると言うわけ。
ホントいろんなことが出来て、メニュー画面に壁紙を表示することも可能。
個人的にはキャリアの部分を変更できるのは面白いかと。
(例えば「SoftBank」のところを「Vodafone」にしてる。)
残念ながら最新のiPhone 3GSの最新ROM搭載機(およびOS 3.1.3をインストール済みのやつも?)のJailbreakは出来なくなったらしい。
今年出る新型ではさらに厳しいんだろうなぁ・・・。
肝心のインストール方法は「iPhone Jailbreak」などで検索してもらうとして、今回はそのあとのお話。

[追記]
あ〜、そう言えばそう言えば。
NTFS形式でフォーマットしたドライブをMacに繋いでいる場合、pwnagetoolを使ったJailbreakを行うとNTFS-3Gと言うサービスが猛烈な勢いでCPUを食う。
これを解決するにはそのドライブを切断するか、Spotlightの検索対象街ディレクトリにしてしまうとおとなしくなる。
ちなみに、Bootcampディレクトリを掘ってて、どうせアンマウントするにはコマンド打たないといけないんだろうしだるかったので、後者を選択。
そもそもアプリを出すときしかSpotlight使ってないし。。
[追記終了]

毎度毎度忘れることが「勝手アプリ」のバックアップ。
今回も物の見事に忘れた。
と言うわけで、この際何を入れたのかをリスト化しようと思った。
下記はそのリスト。
今後思い出したり見つけたりしたら、リストを増やして行くつもり。
(そのうちテーブルでちゃんと書きます。)

SBSettings
BossPrefs
OpenSSH
Toggle SSH
Five Icon Dock
WinterBoad
Red Bull Battery
PdaNet
Backgrounder
iBrowse

そんだけ。

Post to Twitter

,

  1. No comments yet.
(will not be published)